激アツ潮でヒラメが釣れない対策法【ルアーサイズを落とす】

広島,ヒラメ
スポンサーリンク

 前回に続き2日連続で同じ場所での釣行。少ない経験で良い潮は2、3日続く傾向にある。この日も嫁にジャンピング土下座で釣りに行かせてもらい、前日の日ので前のアタリから30分後くらいからが釣れそうな予感。前日の釣行詳細はコチラ

 今回もメタルジグで攻めまくりますが、アタリが出ない。昨日よりも更に良い潮だと思っていたため、すぐに結果が出ると思いきや釣れない。しゃくる事を止めジャクソン、鉄PANバイブ26gに変更し巻きの釣りに変更。

 変更して一発目でドンっとアタリ。しかしフッキングに至らず。前もこの時間帯にアワセられなかった。まだ暗いためか、ヒラメが正確にルアーの位置を把握できていないのか?

 その後30分経ってもアタリが出ない。激アツの潮のくせ・・・。なのでサイズを一回り小さい鉄PANバイブ20gに変更。

 すると、またまた一発で食ってきた。久々のそこそこサイズ60cmはありそう。足下まで寄せてタモを伸ばすが・・足場が高く取り込みでまたしくじりバレ(泣)巻きすぎて水面で暴れさせたのが敗因。

その10分後、同じ鉄PAN20gで捕獲。

広島,ヒラメ
スポンサーリンク

 ホントに激アツ潮なのかは不明だが、巻きで食わない時に『ヒラメが追う時間を与えてやれる間を作る』事で釣れる事がある。食わない時のセオリーとすればルアーを動かす距離を段々と短くする事。しかし今回で言えばその逆の方法で釣れている。何でもかんでも雑誌に書いている事が正しい訳ではない。

 まぁ、激アツと思いきや苦戦したのも勉強不足が否めません。鉄PANバイブ詳細はこちらから!

Follow me!

激アツ潮でヒラメが釣れない対策法【ルアーサイズを落とす】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す