ネイルシンカーを使いヒラメの釣果を上げる【水平フォールでヒット率アップ】

ヒラメ,ワーム
スポンサーリンク

 コロナウイルスの影響にて釣行は自粛しています。が、完璧な潮回りだったので我慢できず行ってしまいました。安心して下さい。半径1キロ以内に人は居ません。広島の釣りポイントは釣具屋さんか入手済み。でも教えて貰えるメジャースポットは人が一杯で、今のご時世イカン状態でクラスターが発生してしまいそうです。山を越えこんな変境地にくるのは私だけでしょう。実績はありませんが絶対ヒラメはいると信じて釣行開始です。

ヒラメに発見してもらえるワームサイズ選択

 最近ミドルゲームなるものが流行らしいです。要するにメバルワームよりも大きく、ヒラメよりも小さい3インチ程度のルアーを使い色々な魚種を狙うという手法。

 私はヒラメ釣り専門で、ワームサイズを小さくす事はあまりありません。持論ですがヒラメを狙う場合、大きいルアーの方が圧倒的に有利だと思っているからです。私の場合はミドルゲームではなく、逆にヘビーゲーム、略してヘビゲでヒラメ攻略です。

 今回は使用したのはジャッカル、スーパーダーツホッグ6.5インチ、重量は1オンスの28g。これをマッキン変態仕様にカスタマイズ。更に今回はシンカーを使わないのでマッキンでは無くノーシンカーリグ。飛距離をUPさせるためネイルシンカーを埋め込みます。市販のネイルはお高いので私の場合鉄の釘を使用します。

ヒラメ,ワーム

 約5cmの長さで約2g。これをオフセットフックの邪魔にならないように埋め込みます。釘の頭をペンチで飛ばし完成。最後にバケツの中でフォール姿勢確認してバランスを調整して下さい。

ヒラメ,ワーム

前後のバランスを均等にする

 前後のバランスを均等にすることで釘を付けてもシンペンの様に水平に沈んで行きます。釘を刺すことで後方に重量ができ飛距離がUP、浮力の大きいスーパーダーツホッグ6.5インチですから良い感じのフォールスピードです。これを潮流にのせフリーフォール。沈下中に食ってきました。

ヒラメ,ワーム

小さいヒラメでも大きいルアーに反応する

スポンサーリンク

 スーパーダーツホッグ6.5インチは約16cm。自分の約3分の1以上の大きさでもヒラメは食ってきます。流石にここまで大きいとマダイなどは食ってきそうに無いですが、ヒラメ以外外道と思う方はお試しあれ!

 今回使用したワームはジャッカル、スーパーダーツホッグ6.5インチ 

【現品限り】ジャッカル スーパーダーツホッグ 6.5インチ チャート/パールシルバー【ゆうパケット】

Follow me!

ネイルシンカーを使いヒラメの釣果を上げる【水平フォールでヒット率アップ】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す