スローブラットキャストオーバル,ゼッツ【ヒラメが釣れるメタルジグ】

スローブラットキャストオーバル

 軽量金属Zライトメタル&扁平形状で超スローフォール対応のメタルジグ!ヒラメを狙うのに最適なジグと言っても過言でありません。

スローブラットキャストオーバル


 比重の小さい新素材Zライトメタルの採用で、オーバルが追求したのは圧倒的なスローフォール!それを実現したメタルジグです。
 喰わせのキーとなるフォールでは、フリーフォールからテンションフォールでフラッシングをコントロールすることが可能です。

飛距離

 ド下手な私が投げれば飛距離は最悪でヒラメで多用する30gは使い物になりません。空気抵抗が大きすぎます。ヒラメ釣りで使える重さは20gで、飛距離も30gに比べれば軽いですが距離は伸びます。30gを買うのであれば大きさが2mmしか違わない40gの方がオススメかもしれません。

SCO-1010g47mm本体価格
SCO-1515g55mm本体価格
SCO-2020g60mm本体価格
SCO-3030g71mm本体価格
SCO-4040g73mm本体価格
SCO-6060g84mm本体価格
スポンサーリンク

フォール

 フォール姿勢は安定した横向きとなり、回転することなくフラッシングしながら落ちていきます。(メーカー記載)

フォール動画

 フォール検証結果、メーカー記載の安定したフォールにはなりませんでした。

スポンサーリンク

 動画で分かるように、色々な面でフォール実験しました。形状を『亀』で例えると、
 1、亀の腹を水平にしてフォールさせるとゆっくり回転する事なくヒラヒラと、ほぼ真下に沈下します。
 2、亀の腹を上にして甲羅側を下にしてフォールさせると、1と同じように沈下しますが若干沈下スピードが速いです。
 3,横にした場合はイレギュラーに沈下しかなりランダムに沈下していきました。実験した事がないので分かりませんがリフト&フォールではこの形のフォール姿勢になると思われます。間違っていたらすみません。
 4、立てた状態での沈下はストンっと真下にすごいスピードで沈下しました。

浮き上がり

 浮き上がりは良いです。ただ巻きでも普通に泳ぎますが、フォールで喰わす部類のメタルジグであることに違いありません。

まとめ

 水深が深すぎる場所では底が取りにくい場合があります。
 浮き上がりも良く、フォールもゆっくりなので浅めの場所やサーフなんかでは使いやすいです。
 買うなら20gか40gが良いかとおもいます。
 私は後ろのフックはフッキング率UPを狙ってトレブル変更してます。

アングラーズリパブリック ゼッツ スローブラットキャストオーバル 40g H-10(イワシ) SCO-40


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

89人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です