ヒラメが釣れる最強ワーム【個人的におすすめ】

 先日、『おすすめワームを教えて』との質問が有りましたので、私程度のド素人の意見でよろしければご回答致します。

まず、何を持ってしてオススメするもかが重要で、場所や季節、時間帯や水深などによって一概では無いので明確にご回答できません。ネットで検索してオススメ10選とか書いてる人は少しキチぃーです。

また、シャッド、グラブ、ピンテールなどで動かし方は当然違いますし、時間帯によってカラー選択も重要。値段が安くてヒラメの補食スイッチを入れられる物が当然最強ワームです。

まぁ、こんな事書いてたら当然オススメなんて書けません・・。

上記の事全部無視して私が知らぬ土地、釣行時間帯も不明で、ワーム6種類だけ持って行ってヒラメ釣りをするのなら、と仮定します。

グラビンシャッド

 チャートゴールドUVオレンジゴールド SGヒラメピンクの3種類は個人的に必須。その理由は?

カラー

 表現が難しいですが、グラビンシャッドの殆どのカラーが紫外線に反応するケイムラカラーです。紫外線は海の奥底まで届くと言われており、この紫外線を反射?してグラビンシャッドが光ります(人間の目には分かりませんがヒラメには違って見える)これによりヒラメがワームに気付きやすくなるので釣りやすくなると考えています。

スポンサーリンク

サイズ

 さらにグラビンシャッドはベストなサイズ感で個人的には一番釣りやすくフッキングさせやすいサイズではないでしょうか?メーカーによりインチの定義が曖昧で一概に『4インチがいい』とか『5インチが釣れる』など言ってる輩は少しキチぃーです。10cmくらいが万能かと考えます。

形状

 ヒラメはシャッドが一般的に多く使われていますが、シャッドよりも遅いスピードでグラブが動くので個人的にはシャッドよりも扱いやすいです。タダ巻きしかしない人はシャッドで良いかと思います。

またグラブ部分が少し大きめに作られていて良く動くきます。ロッドを駆使してヒラメを狙う方はグラブが釣りやすいのではないでしょうか?

使い方・使用時間帯

 暗い内はチャートゴールド(蓄光なんでグローカラーとしても使えます)で攻め、少し明るくなり反応が無いようなら、SGヒラメピンクに変更。こちらも蓄光能力があります。ピンクは個人的に薄暗い時に結構釣れます。結構明るくなればUVオレンジゴールドで攻めます。

ダックフィンシャッド5インチ・ヒラメチャートゴールド

 ダイワさんの回し者ではございませんので悪しからず。

カラー

 ヒラメチャートゴールドは同様に紫外線に反応するケイムラカラー&蓄光機能を纏ったワームです。

サイズ

 サイズ的には先ほどのグラビンシャッドよりも大きく約12.5cmほど。飛距離は多少落ちますが5インチがオススメ。理由は後ほど

形状

 先ほどと矛盾しますがシャッドも持って行きますwダックフィンシャッドのテール部分は他のシャッドと比べ細めに作られており、スローに引いても非常に良く動きます。キャスト性能も良く、綺麗に飛んで行きます。

使い方・使用時間帯

 蓄光効果がありナイトでの実績も十分あります。また日中でも平気で釣れますので個人的に黄色はオールラウンダーです。

 5インチを選ぶ理由としては沈下スピード。20g以上のジグヘッドしか使用しないは人はあまり分からないかと思いますが、10g以下のシンカーを使用してヒラメを釣る時に違いが分かるはずです。4インチと比べ沈下スピードが明らかに遅くなります。タダ巻き→ストップからの『着底までの時間の差』を操れれば自ずと釣果は上がります。

残りは黒ラメかブルピンのラメ

 上記の4つで私のヒラメ釣りは成立します。これで釣れない時は個人的に8割釣れない日です。理由は4つのローテーションで地合が過ぎ去ってしまうからです。何匹も釣れる日はカラーローテションなどしなくとも釣れ続きます。が、 知らぬ土地、釣行時間帯も不明条件ですので、ブルピンラメや黒ラメワームを持って行きます。有名どころだと・・

テール部分に切れ込みが入っており、良くシャッド部分が動きます。シルバーラメがどえらい良い感じでアピールして、黒との相性が抜群。上から見ると『マジで釣れそー』って多分思うと思います。

邪道ですがスペアボディーにオフセットで使用します。個人的にラメが好きなためこのワームはかなりそそられます。勿論ロデムヘッドを使用する事が1番釣果が高いかと思いますが、1g単位で調整したい私はオフセットを使用して使います。オフセットだと頭部分が千切れやすいので注意が必要です。上から動かして見ると『マジで釣れそー』って多絶対思うと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です