サムライショアラバフリーでヒラメ釣り【取り付け、セッティング方法】

 ヒラメ釣り最終兵器のショアラバ。ヒラメに限らずマダイや青物だって釣れちゃいます!そんなサムライショアラバフリーのヒラメ用にカスタマイズしたセッティング方法をご紹介です!

サムライショアラバフリーのセッティング方法

サムライショアラバフリー

 通常のラインを通し、上の画像のようにセッティングするのが通常かと思います。しかしこの様にセッティングしてしまうとシンカー部分の変更がワンタッチで出来ず時間ロスになってしまいます。(要するにルアーチェンジに時間が掛かります)

 ショアラバフリーは流行の誘導式でシンカー部分が固定されておらず、魚に違和感を与えずフッキングに持ち込む事が可能です。
 その誘導式がマダイなどに効果があり、マダイを本気で狙う方にはオススメしません。しかし私は年中ヒラメの事を考える中毒者。今回はヒラメ用にカスタムする方法をご紹介です。

ヒラメ用カスタマイズセッティング

 ショアからのヒラメには誘導式は必要ないと思いますが一応プチ誘導にします

PEアシストラインでラバー部分を結ぶ

サムライショアラバフリー,セッティング方法

 ラバー部分をアシストラインで固定しその後シンカーを通すのですが、ラバーを固定した箇所がシンカー部分の穴へ刺さってしまいうまく動かない場合があります。なのでシンカーより先にビーズを通します。

サムライショアラバフリー,セッティング方法

 これでシンカー部分へ刺さる現象を抑えられます。そして先端へスプリットリングを付ければOKです。

サムライショアラバフリー,セッティング方法

 これで15cmほどの誘導式になりました。効果があるか無いかな不明です(笑)ここから更にヒラメに特化したセッティングにしていきます。

スポンサーリンク

ヒラメ特化アシストフック作成

アシストフック自作

 フッキング率を上げるためにアシストフックを作成していきます。15cmほどに切ったPEアシストラインを上の画像のように持ちます。上からライン2本をまとめて3回程度巻いていきます。

アシストフック自作

 この状態で締め込みます。

アシストフック自作

 指で摘まんでラバー側へ動かします。

アシストフック自作

 先ほどのPEアシストラインのラバー側へトレブルフックを付けます。#4と#6で迷いましたが私は#4のトレブルを付けています。

サムライショアラバフリー

サムライショアラバフリーブラックライト実験

 ブラックライトに照らしたらこんな感じに!ヒラメは紫外線が見えるのでルアーはこんな風に見える!?

 グローピンクは蓄光になっています。ブラックライトに照らすと神々しいです。薄暗い時にメチャクチャアピール出来るかしれません!

まとめ

 ヒラメは捕食が下手でうまくフッキングできない事も度々あります。ヒラメ釣りに関してアシストフックは必需品かと思います。また、この様な仕掛けを作っておくことでルアースナップをいじるだけで数秒で取り付け可能で貴重な時間を無駄にしません。賛否両論あるかと思いますが深場でヒラメを狙われる方にはオススメです!

ヒラメが爆釣、サムライショアラバフリーとは?下記からご覧になれます。

Follow me!

サムライショアラバフリーでヒラメ釣り【取り付け、セッティング方法】” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です