マッキンリグ。ヒラメが釣れる最強リグ

 ヒラメジャンキーの方なら知っていると思います『マッキンリグ』についてご報告します。

マッキンリグとは

 左鮃範斗が開発・試投しているヒラメ&マゴチ用のリグで、様々な場所でのフィッシュイーター向けに設計されています(KIリグとか書いたら冗談通じない方もおられるみたいで。恥ずかしいからやめてとか言われましたw)
 ヒラメのヒット率が高いルアーはやはりワームになってきますが、ただワームは良く釣れるがデメリットもあります。そう飛距離。その飛距離を改善してくれるのがこのマッキンリグ、底もきっちりと取ることが出来きます。

 今回紹介する『マッキンリグ』は、ヒラメに関する知識を豊富に持ち、常にヒラメの事を考え、いかに安くヒラメを釣るか考えているヒラメ中毒者によって考え出されたモノ。25年以上の試投が今でも続き発売には至っておりませんw

スポンサーリンク

マッキンリグ特徴① コスト

 マッキンリグは正直コストが安い!根掛かりを恐れず攻めることが可能。マゴチやヒラメの主たる生息地であるサーフはもちろんのこと、ゴロタなどの根掛かりが多いポイントや急深の港湾など様々なポイントで活躍が出来ます。
 いずれのポイントもボトム付近を攻めることが得意なリグで、ボトムに生息する魚でソフトベイトにバイトする魚であればマゴチやヒラメ以外にも対象魚になります。もちろんスイミングアクションもこなせるので、マダイやシーバス、根魚など様々な魚を狙う事もできます!

マッキンリグ特徴② 飛距離

 潮流の速さに合わせてナス重りの号数を変えてください。シンカーをタングステンに変更すると感度は上がりました

スポンサーリンク

マッキンリグ特徴③ 繊細な釣りも得意

 最近流行っている日中のサーフフィネス。簡単に言うなら、軽量のワームでセコく釣りましょうって事。私も多用します。が、ジグヘッドはキャスト時クルクル回ったりする事が多いし、アクションをつけた時、ヘッドを下にしてピンっと立つような感じになる。別に構わないんだけど、このマッキンリグは少し違う。ナス重りが着底したら、ワームはゆっくりと垂直姿勢から水平姿勢へと変化する。ラインスナップと重りが固定されていないからだろう。

マッキンリグセッティング方法

 まずナス重りをラインスナップに取り付ける。

 オフセット針を頭だけ通す。

 説明が難しいが、セッティングする時にトリブルフックがワームに真っ直ぐ付けられる向きがある。穴と針が並行になるところを探そう

 トリブルフックをセット。

 完成。

 トリブルフックに不安を感じるかもしれないが、キャスト時トリブルフックが飛んで行く事はないし、魚を掛けた後もテンションを保てばバレる事もないです。価格にして、ワームを含め150円程度でしょうか。

ワーム別水中動画

エコギアパワーワーム

 動画で確認出来るがエコギアパワーワームは、ワームの密度が高いためワーム自体が着底後速く沈む。密度の高いワームはフィネス的に使用するより巻きで使ったほうが良さそうなのが分かる。

モアザンミドルアッパー

 モアザンミドルアッパーは比較的密度の薄いワームでエコギアパワーワームに比べ倍以上遅いスピードで着底しているのが分かる。小刻みにテンションをかけてボトムをバンピングなどが一番ポテンシャルを発揮しそう。フィネス的にも使えそうです。

 ピンテール=スローな釣りではなく、『密度によって使い分ける』が正解かもしれません。

 メジャークラフトファイティングクロー

 動画最後のファイティングクローはハサミ部分が空洞で浮力を持っています。そのため水中でフワフワと漂い、ワーム全体が立っている形になっているのが特徴です。この系統のワームはポーズでも自発に動いてくれるので日中の超スローな釣りで活躍しそう。 

 メーカー様!シャッドやピンテールが空洞で浮力がある商品を開発してみてください。更にオフセットのケツに輪っか付けてトレブル付けられるフック作製して下さい。多分売れますが単価下がるから作りませんよね・・

 私が多用するのはナス重り4号~6号、エコギアパワーワーム、バルトでの巻きのストップ&ゴーですが、フィネス的に使うなら、ナス重り2、3号で浮力の高い、モアザンミドルアッパーのリフト&フォールがおすすめです。

 岩礁帯まわりを攻めるならトレブルフックをダブルフックに変えて、針を上方向に向ければフッキング率も下げず根掛かりも軽減できオススメです。


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

79人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

マッキンリグ。ヒラメが釣れる最強リグ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です