潮の悪い日のヒラメの釣り方【朝マズメだけに頼るな説】

サーフ,ヒラメ
スポンサーリンク

 黄色のベタ塗りのメタルジグは中々珍しいかと思います。探せば勿論ありますが、店頭では中々売っていません。この日は久々にサーフでの釣行。お気に入りのメタルジグでランガン開始です。

ヒラメはマズメのみの釣りか?

 ここ最近は潮が悪く朝まずめノーバイトで帰る人も多いですが、申し訳ありませんが何も分かってない。勿論、朝マズメも釣れますがヒラメ釣りはソレだけじゃない。

 潮が悪い時にも地合は存在する。激アツの潮周期ならば地合も激アツで時間も長い。しかし、潮周期&釣行タイミングが悪ければ、一瞬しかないヒラメの活性が上がるタイミングの潮の変化を9割の人は見逃す。それだけ微妙な変化で分かっていないと分からない。そのタイミングで帰ったり、座ったままだったり、釣れた人の所へ見に行く人は当然釣れない。勿論そのタイミングで釣れるとは限らないが釣れる確立は格段に上がる。

 プロの方がマズメ以外でも(◯◯ルアーや○○リグを使えば釣れる)とか言ってるのは、ルアーやワームの種類が良いのでは無く(実際良い物ですが)来るべき地合を知っているから釣れるのです。

マズメを外して釣行

 本日はマズメハンターが帰った後からの釣行。手前は散々打たれていると思われるのでメタルジグで沖を攻めます。※あまり気にしませんが(笑)

 マリアムーチョルチアは35gと私のロッドでは少し重いですが、それでも抜群の飛距離を叩き出します。向かい風ですが80mは飛んでいるのではないでしょうか。しかも私の好きな蛍光黄色のカラーが入っています。

スポンサーリンク

 サーフでメタルジグは個人的に少々使いにくいですが基本攻め方は一緒(※正確にはちょっとだけ違う)やはり厳しい潮で釣れる気配は無い。しかし開始1時間ほどで海の状況が少しづつ変化。ムーチョルチアに変更し手返しが勝負。底を取ってルアーを浮かす。タダ巻きでは底を叩くのでロッドを使う。すると・・

サーフ,ヒラメ

 この日の地合で言えば15分程度で短かかったが、狙い通り50upのヒラメを捕獲。365日行きたい時間にいければ苦労しませんが、地合じゃない時間帯に捕る方法…私の知らない事がきっとまだまだ沢山あるんでしょう。(ムーチョ・ルチア詳細はコチラ↓)

Follow me!

潮の悪い日のヒラメの釣り方【朝マズメだけに頼るな説】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す