レンジバイブ55TG【バスデイ】ヒラメ釣りに最適なバイブレーション

 サーフで使う時のバイブレーションは普通に引いても海底にドスドスと当たり、使いにくいのでサーフでは使っていなかった。最近ではサーフ以外の場所で釣行する事が多くなり、バイブレーションの出番も多くなった。その中でもタングステン(以後TG)に抵抗があったが、軽量のTGなら良く飛んで浮き上がりも良いのでは?と思い一昔前に購入した。

スペック

レンジバイブ 55TG
RANGE VIB 55TG
・アクション ナチュラルバイブレーション
・サイズ 55mm
・ウエイト 14.5g

スポンサーリンク

飛距離や底の取りやすさ

 55mmのサイズで14.5g。結構飛ぶ!てか普通に飛ぶ!TGのくせに浮き上がりも悪くない。着底も感じられる。ルアーをヒラメが見つけてくれさえすれば、ルアーサイズは大きいモノより小さい方が絶対に有利だと私は思う。70mmのバイブレーションで食わなければサイズダウンさせるのが釣り人の心理ではないだろうか?

ノーマルとTGの外観の違い

 尚、TGは目の所に『TG』と入っています。ノーマルとの外観の違いは目のみです。

巻き心地

 巻き心地は小さいくせに、手元にブルブルと動いている様子が感じ取れる。これはホント私の好きなバイブレーション!ただ55mmは小さいので使う時間に頭を悩ませるが。

スポンサーリンク

ロッドは『L』が丁度いい・・と思う

 最近はモアザンLのロッド(サーフコマンダー)をメインで釣行する事が多くなった。軽量のルアーを遠くに飛ばしたい為。ヒラメをより多く釣るには、出来るだけ遠くに、そして出来るだけゆっくりとフォールしてやるのが良いのでは?と思っている。重さ的にもLのロッドが一番飛距離が出せる・・気がする

ヒラメを釣るには手返しか否か?

 ヒラメを釣る上で重要なのはヒラメの補食範囲にゆっくりルアーを通す事で、ルアーのウエイトが軽くなればフォールはゆっくりだが飛ばない、そして手返しが悪い。重くなれば飛ぶが、フォールは早く手返しは良い。一長一短なんですよね。で、最近色々と新たに試して結構ビビビッってきたのがレンジバイブTGとダイワのシリコンバイブ。ヒラメが食わない時にゆっくりフォールで見せてやる。ヒラメは巻いているだけじゃ中々食ってきませんから。
日の出からの1時間。ハマりそうな予感がする・・2月24日楽しみです!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

82人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です