超絶ダートでヒラメ釣り!『フィンテールダート90』インプレ

 今回はフィンテールダート90。太刀魚用のルアーでダート特化のルアーです。このルアーはヒラメが釣り易いルアーなのか、釣り難いルアーなのかを検証していきます。私のインプレは素人の適当ですのでご理解を。

耐久性 

 抜群の耐久性で壊れにくく、塗装も剥げないアーマードボディを採用です。ヒラメの鋭い歯で傷が付かない強靭ボディです。ハードルアーの部類ですが、岸壁や岩に当たってもボディーが柔らかいので割れにくいのも特徴です。

スポンサーリンク

飛距離

 重量は20gです。私がヒラメ釣りに使うバイブレーションと同じくらいの重量です。20gほどあれば60mくらい飛んでいると思いますが、このフィンテールダート90はそれの三分の二程度しか飛びませんでした。正直サーフなどの飛距離が必要な場所では使いにくいかもしれないです。

アクション

 このフィンテールダートを形状だけで判断すればバイブレーションのような動きかと思いきや、バイブレーションとは異なります。ただ巻きならテール部分のフィンだけがヒラヒラと動く程度。凝視しても確認できなかったが、もしかしらたバイブレーションのように微妙に動いているのかもしれない。
 ワインド釣法でダートさせると確かに左右に跳ね上がる。ワインド釣法でアクションさせてやれば問題なく釣れると思いますがただ巻きメインでは多少釣りにくく感じる。

 ダートアクションを最大限に引きだすために設けられたフックキーパーシステムで、ライントラブルも激減。 フロントフックはキーパーにセットし、リアはセットせずにフリーな状態に。ダートアクションも妨げず、ライントラブルも軽減するそうです。ド下手私はしましたが・・・
 リア側にはケミホタルを付けて太刀魚を狙う事も可能です。ナイトヒラメにも効果的かと思います。

スポンサーリンク

カラー

 流石は太刀魚ルアー。ブラックライトで蓄光させるとボディー全体が激しく光ります。全てのカラーが夜光かはわかりませんが、時間帯にもよりますがヒラメ狙いならば蓄光するルアーより、UV(紫外線)で反射するカラーのほうが釣果が高いです。

まとめ

 ヒラメ狙いのアクションはリフト&フォールの一択になります。(私が使うなら)
 使用場所はサーフでは飛距離も出にくく多少釣り難いかもしれません。水深のある場所でリフト&フォールで底を取りながら丁寧に探るルアーかと思います。

 1年ほど前に始めて使ったフィンテールダートで奇跡的に釣れたヒラメです。昔は奇跡的と思っていましたがロッドアクションを怠らず丁寧にジャークフォールさせれば必ず釣れます。また太刀魚ルアーですので太刀魚は沢山釣れると思います。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

79人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です