スライス70【マリア】ヒラメが釣れるバイブレーション

 岡山でヒラメを狙う場合によく使用するのがこのマリアスライス。大きさは70mmで重さは15g。メーカー表記はこうなっていますが、フックを含めた重さは16gです。3万円する量りの機械で何個も量りましたので間違いないです。
 Maria Sliceは私の大好きなバイブレーションです。なんて言ったって可愛いじゃないですか!自分のお気に入りのルアーでヒラメが釣れたら最高ですもんね。以下インプレです

スペック

  • 大きさ70mm
  • 重さ16g(フック含む)メーカー記載15g
  • カラー17色
スポンサーリンク

飛距離

 ヒラメ釣りにおいて、まあ大切な飛距離。メーカーの記載通りキャスト時にクルクルと回って飛距離を犠牲にする事がないし、1キャストが無駄にならない。10投すれば全てスカッと投げれるのはホント。これはすごい。重さに対して飛ぶ部類のバイブレーションです。

泳ぎ(アクション)

 低速でもしっかりキビキビ動く。かなりの高速はバランスを崩して左右に軌道が逸れた。ここはメーカー表記とは違うが『高速』の各々の感じ方が違うのかもしれない。スイム姿勢は前のめりになるバイブレーションが多いが、スライスは水平に泳ぐ。ウエイトが後方に入っているからこの様な姿勢になるらしい。ジャーク&フォールではライントラブルになる事もなく快適に使えた。

 引き抵抗は非常に軽く、ロッドなら『L』くらいが丁度良さそう。(主観)

底取り

 ヒラメ釣りにおいて重要な底取り。バイブレーションは全て底取りは明確にわかる。スライスも勿論わかる。
 フォール姿勢は水平姿勢を保って沈下らしいが、それがヒラメにとって良いのか悪いのかは今後検証が必要。スライス70は15gの重さで、他の20g前後のバイブレーションに比べれば沈下速度は少し遅い。当たり前だが。
 20g前後のバイブレーションと比べると、深さ5mくらいで1秒ほど着底が遅い。着底後からの浮き上がりも抜群でフォールで見せるには最高かもしれない。

スポンサーリンク

 スライス55は使用したことがない。10gと軽量で、若干ヒラメ釣りには抵抗がある。今度検証します。スライスは安いし、かわいいし、まー釣れるし(笑)私は大好きです。21、22gを出してほしいのは私だけ?マールアミーゴ2よりスライス派です。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

89人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です