ヒラメの喰い渋り時の攻め方!3つのアクションでバイトを引き出せ!

ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュはシーズンが到来し、ベイトが接岸していれば高確率で釣れる。そのため人気ポイントのマズメなどの時間帯は連日賑わいを見せている。
こういった河口などの人気ポイントは、マズメにヒットが続き陽が高くなるにつれて徐々に釣れなくなるが全く釣れないわけでもない。

鮃はその場で長時間ルアーを見ている

この時間帯にヒットするのは沖から新しく入ってきたヒラメに感じるが、実際は朝からその場にいてじっとルアーを見ていたヒラメである事が多いと思う。
ではなぜ、マズメに釣れなかったヒラメが当然ヒットするのだろうか?経験から言えば、潮が急に流れ出したり、急に緩んだりでヒラメの捕食範囲にベイトが多くなった時、地合いが起こりヒットに繋がるのだろう。

スポンサーリンク

地合いを待たずとも釣る方法はある

水中の変化を待たずとも釣る方法はある。それが最近流行りのフィネスゲーム。リアルなワームを用いてリアルなアクションで釣る方法。ブラックバス釣りをされる方なら分かると思います。ワームがめちゃくちゃに釣れるという事を。ヒラメも同じです。

フィネスで使用するルアー、リグ

サーフからなど気距離が必要となる場合は適さない場合もありますが、基本は軽量のジグヘッドやリグを用いて釣ります。ジグヘッドの重さはそのポイントの底が取れるギリギリの重さ。流れが速い場所などは底が取れずヒラメの捕食範囲にルアーを通す事が出来ないのであきらめますw
ワームはピンテールが強いです。波動の強いシャッドなどは本末転倒で、ここでは釣れない時にどーやって釣るかで最終手段です。ですのでピンテール推奨です。

3つのテクニック

マズメ時などの活性が高いヒラメは、ある程度ベイト追い素早く反応するため、底を意識したただ巻きでの釣り方が基本です。そして活性が下がって行くうちにベイトを追う距離が減っていくため、リトイーブ&フォールからリフト&フォールへシフトしていきます。これはヒラメにルアーに追いつかせる『間』を与えてやる為の基本テクニックです。

スポンサーリンク

・リトリーブ&フォール(ストップ&ゴー)

着底後リトリーブ4~8回でストップ、着底を繰り返す。底から1メートル浮かすイメージ。ストップさせて1秒ほどで着底できれば良い場所が引けている。

・リフト&フォール

リトリーブの移動距離を更に短くしてヒラメにより食いの間を与えてやる。ワンピッチ(ロッドを上げて下す間にリール1回転)でルアーを動かせば約1メートル間隔でヒラメを探れる。リトリーブ&フォールより更に食いの間を与える事が出来る。

リフト&ポーズ

・更に活性の下がったヒラメは目の前の餌しか食わないとされる。その時に有効なアクションです。基本のやり方はリフト&フォールを2セットとして、その後3秒ほどポーズを入れるやり方。

いずれもフォール中に『コンっ』という小さな当たり方が多く、フォール中はラインテンションが掛かっていない事が多くアタリが取りずらい。しっかりとリフト後のフォール中もラインテンションを保つ方がアタリは取りやすく合わせやすい。

まとめ

上記で紹介した釣り方はネチネチと丁寧にヒラメを探る事は出来るが非常に手返しが悪い。マズメ時や活性が高い時はミノーやバイブレーションのほうが、手返しも良く結果的に釣果に繋がるので状況に合わせて使い分けましょう。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

82人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です