太刀魚(ヒラメ)ワインド最強アシストフックをご紹介

がまかつ,フック

 太刀魚(ヒラメ)をワインド釣法で狙う際に必要になるのはアシストフック。いや、ワインドでなくともアシストフックは必須です。
 ご存じの通り、ヒラメやタチウオ捕食が下手くそです。『ヒラメは下から食い上げてくる』と仮定すればジグヘットはの針は上を向いて泳ぐわけですから何となく心細い。そこで出番になるのがアシストフック!最強自作アシストフックをご紹介!

市販最強ダブルアシストはコレ

 ヒラメ中毒者の“ワインドテクニック”での超ショートバイトに対応するため、トレブルフックにトレーラーフックを装着する事が主流となっていますが、装着してもミスフッキングが多いために、ダブルフックを装着する変態が増えてきました。装着が簡単な樹脂キャップ式です。ダブルフックによるフッキング率の向上を是非体感して下さい。

 お金がある人はコレ買って下さい。間違いないと思います。しかし私みたいなニートには買えません。ここからが本題。私が思う最強アシストはズバリ『がまかつトレブルRB-MH』

スポンサーリンク

自作最強アシストフック

 アイに何やら詰まっているのがお分かりかと思います。そう中毒者御用達のセメダインスーパーX!!ウェーダーからワームから自転車のチューブから単車のキャブからのオイル漏れまでなんでも直してくれる優れもの!!価格はなんと300円!!

 ワインド釣法でトレブルつけたら動き悪くなる&耐久性に不安を感じる人以外おすすめ。フック刺したり外したりしたら直ぐにアイが緩くなってガバガバになるけど、釣行1回なら問題ないレベル。緩くなってきたらアイのセメダインを取ってまた塗るだけ。

スポンサーリンク

ジグヘッド応用

ワームの向きは同じですが、フジワラムゲンヘッドの向きがちょいと違う。通常は上のセッティングでアシストフックをつけて使用する。しかし究極に面倒くさがりな私は下のセッティングでヒラメ釣りを行う。タチウオは知りませんw

 ヒラメなんて針沢山付けときゃ釣れるんです。キャストを続けると確かにトレブルがだんだん動いてきます。そんな時はトレブルのフック1本をワームに薄く刺してやれば問題なし。今回使用しているジグケッドはフジワラのムゲンヘッドアシストですが、逆付けするとアイが先端よりも下がるため浮き上がりも良く感じるんです。(一応書いときますが主観です)

created by Rinker
¥317 (2019/11/13 09:43:34時点 楽天市場調べ-詳細)

 まぁまぁの固さで固定されます!

 ヒラメ釣りでお金掛けたくない方必見です!ムゲンヘッド+トレブル(がまかつ)+ワーム(グラビン)でもお値段360円!!しかも最高級針&ワームでこの価格!!怪しい通販のようになりましたがおすすめしますwムゲンヘッド知らない方はコチラから!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

79人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

太刀魚(ヒラメ)ワインド最強アシストフックをご紹介” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です