ヒラメ最強リグはフリーリグ?フリリグが釣れる理由を検証

誰がフリーリグなんて言い出したん?何やら発祥は韓国みたい。ヤンキーの浮森さんって韓国人だったっけ・・?

ヒラメ最強リグ

個人的にヒラメ釣りはスナップにシンカーを付けるマッキンリグが最強かと思っていました。お高い市販リグは勿論、いや当然それ以上に釣れる事でしょう。しかしながら底を狙うヒラメ釣りは根掛も当然あります。これでロストしても、ワーム、シンカー、オフセット、スナップ、トレブルフックなので各々高価なものを使用しても300円弱、安いものなら150円ほどでしょう。まさに最強たる所以!

フリーリグ

ヤンキーの浮森さんから20年ほど前に教えてもらったリグ。最近になりフリーリグって名前がある事に驚愕。私たちの間では『K林』と呼んでいました。

釣果にそんな違いは無いだろうと、容易なマッキンでやっていましたが、『K林』を駆使した本家浮森さんに見事に釣り負ける始末。よって最近では基本ワームではフリーリグでやる事が多くなった。

フリーリグ利点

なんと言ってもワームのフォールが遅いこと。着水後ラインにテンションを掛けずフォールさせると、シンカーから沈下し、その後ノーシンカー状態になったワームが落ちてくる。浅い場所では効果を発揮しにくいが、ハイフロートワームなどと組み合わせれば攻撃の幅が広がる。

デメリット

リーリングからのストップ時、シンカーが着底したと当時にリーリングを始める人がいる。これはNGでノーシンカー状態になったワームが着底するまで待たないとヒラメ釣りでのフリーリグの効果は半減する。ヒラメはフォール時に喰ってくる事が多い。その『間』をより長く与えてやれるのがフリーリグ。要するにワームの着底を計算できる若干の経験が必要。

作り方

ビーズを通してルアースナップを結ぶ。通常の工程よりビーズを通す作業が1つ増えるだけ。

スポンサーリンク

ナスシンカー(タングステンでも可)を購入し、スプリットリング、ルアースナップを合体させる。重さの違うシンカーで何個か作っておく。これにより瞬時にウエイトの交換ができる。

ビーズはお好みだが、ビーズを通す事により上記のように、メインルアースナップにフリーリグのスナップが絡む事が無くなる。私は気にしないがプラグを使おうと思った時にビーズがかなり邪魔くさい。何となく動きも悪い気もする。メタルジグなど使おうものならビーズが何十メートルも手前にきてトップガイドにカツカツ当たるw まぁ私は気にしませんが。

まとめ

  • ワームメインの人にはお勧めです。
  • ワームの着底を待ちましょう
  • アタリが取りにくい事もあるので集中しましょう
  • ヤンキーの浮森さんは韓国人

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です