ヒラメおすすめジグヘッド!ムゲンヘッド【MUGENHEAD】

 ヒラメおすすめのジグヘッドのご紹介!FUJIWARAから発売のムゲンヘッド。コスパ、クオリティーよもや最強クラスです!

 正確に言えばヒラメ専用ではなく自分でカスタムしヒラメ専用ジグヘッドにしていきます。ヒラメはブラックバスのように吸い込むように捕食しないので、アシストフックは必要不可欠かと思います。

 このムゲンヘッドはアシストフックを付けられる仕様の物が発売されていて、用途に合わせたワームセッティングが出来るのも魅力です。

ジグヘッドの種類

  • ムゲンヘッド、3.5g / 5g / 7g / 10g / 14g
  • ムゲンヘッド(ロングシャンク)3.5g / 5g / 7g / 10g / 14g
  • ムゲンヘッド(アシストフック)14g / 21g / 28g / 35g / 42g

 その他ショートシャンクなど色々ありますがヒラメ用ですので残念ながら割愛します。

ノーマルムゲンヘッドの使い方

 日中などに消波ブロックや根回りを攻める時に使用しているのはノーマルムゲンヘッドです。価格もムゲンアシストよりも安くガンガン攻めれます!また小さいワームを使用して口を使わしたい時にもおすすめ。画像の様にアシストフックを付けた方が100%良いです!(アシストフック作製)

 藻などの根掛かりが多いときは、アシストをダブルフックにして使用すればロスト軽減しながらフッキング率を高められます。

ムゲンヘッド(ロングシャンク)の使い方

 4インチ以上のワームならロングシャンクが良いです。少しでもワームの中央付近に針を出してメインフックに針掛りさせたいです。もちろんアシストフックを付けましょう。直接フックポイントからトレブルやダブルフックを刺す方法でも良いですし、自作でアシストフックを作ればムゲンアシストを買うよりコスパも良いです(作製方法はこちら)
 

スポンサーリンク

 直接フックポイントからアシストフックを刺す格安自作フック作製はコチラ!

※基本ヒラメ釣りならロングシャンクでOK。ショートを使う事はあまりありませんし、アシストアイが付いたムゲンケッドはロングシャンク仕様です。

ムゲンヘッド(アシストフック)の使い方

 元々アシストフックを付けられるアイがあります。アシストフックは別途購入になりますが用途の高い21gラインナップさせていますので重宝します。

 アイがあるので簡単に取り付けられます。

MUGEN HEAD動画

まとめ

 使用するワームや水深に応じてジグヘッドの重さを決めればOKです。ワームの重さも考慮しましょう。ジグヘッド+ワームの重さで考えないとロッドの破損にも繋がります。
 21gが全てのワームサイズに万能で一番使いやすいかと思います。フィネス的に使いたいのであれば5gくらいから、その日の底がとれる重さに変えていけば良いと思います。

created by Rinker
フジワラ(FUJIWARA)
¥286 (2021/04/22 04:24:12時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
フジワラ(FUJIWARA)
¥286 (2021/04/22 07:34:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

Follow me!