ジグヘッド用アシストフック自作!【トレブルフックを付けてヒラメのキャッチ率を上げる】

 ヒラメ釣りにおいてアシストフックは必ず必要です。せっかくヒットしてもフッキングできず逃げられ悔しい思いをするくらいなら釣れない方がいい。今回は少しでも安く、かつ簡単に作れる方法をご紹介します。※今回はノーマル(通常)ジグヘッドです。

アシストフックとは?

アシストフック

 メタルジグやワームに別途付ける針の事です。 今回はワーム(ジグヘッド)に付ける自作アシストフックのご説明になります。

アシストフックのメリット

アシストフック ヒラメ

 当然フッキング率を上げる為に使用します。ヒラメはブラックバスなどとは違い吸い込んで捕食するのではなく、基本は一撃必殺で下から悔い上げてくる場合が多いです。そんなヒラメのバイトを少しでもフッキングさせる為に使用します。

アシストフックのデメリット

 基本デメリットは無いと考えていますが、根掛かりや、空気抵抗による飛距離減少、フック代が掛かるなど色々ありますが、ヒラメのフッキング率を上げる為には、この程度のことは問題は無いと思います。

超絶簡単、コスパ最強アシストフツクの作り方

 アシストフックを店頭で買えば2個入りで500円くらいが相場かと思います。また本体のジグヘッド代も当然必要です。メーカー品だとこれも2個で500円ほど掛かるかと思います。
 貧乏人&面倒くさがり屋の私は、いかに安く作るか、素早く作れるか?を考えて作っていますので、ちゃんとしたアシストフックが欲しい方は違うページをご覧下さい(笑

ジグヘッド一体アシストフック自作に必要な物

ジグヘッド

ムゲンヘッド

 メインのノーマルジグヘッド。上記の物はルアースナップとアシストフックが装着できるアイが2つあります。勿論こっちの方が手っ取り早いです。しかし価格がノーマル(アイが1つ)の物に比べ倍ほどお金がかかります。なので今回はノーマルのジグヘッドを使用します。

PEアシストライン

 アシストフックの強度に関係してきます。PEラインの3号なんかでもOKですが、コシが無く結びにくいので少しお金は掛かりますが、専用のアシストラインがおすすめです。

スポンサーリンク

スプリットリング

 ジグヘッドの大きさにもよりますが#3くらいで良いかと思います。

フック

 ここが命でヒラメは口が硬いのでなるべく新しい物(尖っている)フックを使用しましょう。最近のオススメはダイワのトレブルバリューパック。サイズは#4が良いと思います。

自作アシストフック作り方

 スプリットリングにラインを結びます。スプリットリングは大きさが色々ありますので、各ジグヘッドの大きさに合わせて結びます。結び方は通常の針の結び方で良いです。念のため結んだ後はアロンアルファを1滴垂らしておきましょう。

 ↑大きすぎない物のほうが良いですが気にしすぎなくてもOK。小さすぎると入りません。

 ラインを15cmほどの長さで切ってトレブルフックを付けます。ワームの頭からお腹にフックが刺さるくらいの長さで調整します。

長すぎたら団子結びで調整してください。

 ジグヘットにスプリットリングを入れ真っ直ぐになるようにワームを付けます。

 ジグヘッドとワームの頭をアロンアルファで接着します。キャスト時ワームがズレたりし無いので1投が無駄になりません。尚、トレブルの刺し位置はワームの腹よりちょい下あたりが良いように思います。

 完成です。お店で買えばアシストフック2個セットで約500円ですから大変お得です。しかもアシストフックを付けれる専用のジグヘッドを買わなくてもOKです。
 尚、このジグヘッドで100匹以上は確実に捕獲していますが、スプリットリングがズレてのバラしは1度たりともありません。

 今回は14gの静ヘッドを使用しました。ご存知かと思いますが、14gのジグヘッドは14gのプラグと同じ重さだと思ってはいけません。
今回使用したワームはダックフィンシャッド5インチ。重さ・・・

13g

 ジグヘッド、アシストフックを付けた重さは28gとなりました。ジグヘッドを使用する場合はワームの重さで色々と重さが変わりますので注意が必要です。ワームの重さが知りたい方はご連絡ください。3万円する業務用高性能『重量はかり』でお調べしますw

その他のアシストフックの作り方

脱着可能のアシストフック鬼爪リンク

正当派!アシストアイ付きジグヘッドのアシストフック

邪道?でも全く問題ない!時短アシストフック

Follow me!

ジグヘッド用アシストフック自作!【トレブルフックを付けてヒラメのキャッチ率を上げる】” に対して6件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です