メガバス【マキノタネ】こいつのポテンシャルがヤバい・・

ここまで釣れるのか!?ってぐらい釣れるルアーがマキノタネ。正直言ってバカにしていた。しかしここまで釣れるものだからマキノタネのポテンシャルを認めなくてはならない・・・。

購入困難なマキノタネ

今や店頭でもあまり無いらしい。ネットでも使用頻度の高い30gは品薄状態。なので伝手を使って入手した。店頭やネットでもタイミングが合えば買えるので暇なときにチェック必須

マキノタネ詳細

マキノタネは、フレアーベイトとシリコンラバーテールによる独特のコンビネーションアピールで、イカやタコ、ゴカイ等を捕食する魚に驚異的な爆釣力を発揮。使い方は「底を取って巻く」、「浮き上がったらまた落とす」の繰り返し。

ターゲットのレンジを探りながら、ここぞという深さを重点的に狙うのが爆釣のコツ。底を取ったあと、中層を狙うなら巻く回数を「多め」に。ボトムをメインに狙うなら巻く回数を「少なめ」に。とにかく常に底を取り直す動作を繰り返すだけで、魚がいれば即反応します。

引用 MAKINOTANE | Megabass-メガバス

重さ:20g(#8)、30g(#6)、40g(#6)の3タイプ ※()はフックサイズ

引用 MAKINOTANE | Megabass-メガバス

カラーは8種類

対象魚:ヒラメ、マゴチ、ハタ、カサゴ、ブリ、サワラ、カンパチ、マダイ、クロダイ、シーバス etc…

考察

なぜマキノタネに釣り負けるのか・・。ブログを読んでくれている人ならご存じの『浮森サン』はこのマキノタネを使って爆釣しまくってます。断固買わないと決めていた私なのに、あまりにも釣り負けるので入手した・・。

メーカーHPをみて驚愕の事実発見・・・ 。そこに書かれていた事は『イカやタコ、ゴカイ等を捕食する魚に驚異的な爆釣力

スポンサーリンク

私は2月の真冬に7cm前後のアオリの子を掛けた事があります。瀬戸内の2月の水温は約9度です。それでも産卵し、少し成長したイカが針に掛かるのですから、間違いなく2月~5月あたりは私の住む地域ではイカも捕食対象のベイトになっているのでしょう・・・

これは浮森さんの先日の釣果です。バラシが2回ありましたが3匹のフラット捕獲。全部マキノタネです・・・・。

私の釣果はこれ・・・

メタルジグにコウイカwww狙って釣ったんだよ!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です