釣れるぞ!広島湾【青物だけじゃない、ヒラメも魚影濃い説】

広島湾,ヒラメ
スポンサーリンク

 広島湾で絶賛ヒラメ爆釣中です。この地域はショアから青物も釣れ80以上のブリなんかも釣れる。私みたいにPE0.6とか巻いてブリ級が掛かれば、他の釣り人に大迷惑で取り込みに30分以上かかる。不意な大物に備えてPE1.2くらいは欲しいかと。ボイルがあって外道と分かりながら不意にルアーを投げ入れる人はマジで要注意w

青物の釣果もアリ

 青物は昔、時期指定で釣れてた気がするが、最近では超極寒期を除いてショアからでもコンスタントに釣れる。が、回遊魚は狙って釣れる魚で無いので基本私はヒラメしか釣らない。

広島湾ヒラメ

 色々な所を回ったが広島湾に限らず、釣れない場所は無い。その中でもキスなどの小魚が釣れる場所は良く釣れる印象。ルアーも釣れない物など存在しないが基本はボトムが取れる物を選ぶ(基本はです)

 この日は根が荒い場所だったので岩礁帯の上をフローティングで狙ってみたが反応なし。遠投すれば沖は根掛かりが無いのでメタルジグで探るも反応なし。最終的に釣れたのはワーム。時間は午後15時くらい。

手前は根掛りが多いのでオフセット単体でやったが上手くフッキング出来ない。(そういう場所にヒラメはいる説)3ヒット目くらいでフッキングできずイライラの限界に達したのでアシストフックを使用した。

通常はダブルフック

 通常はオフセットにダブルフックを刺す。ダブルフックの向きを(針先を上)に向ける事で根掛りが軽減される。しかしながら、着底しそのまま放置するとワーム自体が横を向き、同時にダブルフックの針先が海底に当たるので運が悪ければ根掛りする。着底を感じたらすかさずワームを浮き上がらせない意味がない。※ダブルフックの詳細はコチラから↓

その大事なダブルフックを忘れた私は根掛り覚悟で攻めた結果ソゲット!尚トレブルフックのアシスト作製方法はコチラ。適当でええんですw

鉛シンカーも忘れあるのはTGシンカーのみ。躊躇なく使ってやりましたw

ガッツリトレブル丸呑み。ヒラメはアシストフック必須なのがよく分かりました。ルアーはグラビンシャッド。カラーはUVオレンジゴールド

このUVオレンジゴールドはその名の通り紫外線に激しく反応するカラー。雨でも曇りでも微量な紫外線は発せられていますので、悪天候の日中に活躍してくれる印象です。 グラビンシャッドカラー実験はコチラから↓

スポンサーリンク

次のキャストで根掛り(泣)

600円のTGシンカーロスト・・ダイワのゴン太フック&グラビンワーム、アシストガマフックも合わせてロストなんで合計800円くらのダメージ。速攻帰ってやりました。

Follow me!

コメントを残す