ピットブルPEラインのインプレ!12撚り(シマノ製品)

 シマノのピットブル12を半年ほど使った私なりの見解をお知らせします。長年YGKよつあみのG-soul X8を使用していたが、12本撚りのラインがシマノから格安で販売されたので買ってみた。気になる方は下記参照してください。

1、コストパフォーマンスに優れた12本撚りのPEライン

 12本撚りのPEラインが実質3000円ほどで買えるのは圧倒的コストパフォーマンスです。実際0.8,1.0を使用したが使用に関して問題はなかった。価格を抜きにして12本撚りの最も優れる物はダイワのラインで間違いはない。しかし価格の問題で買うのには抵抗がある。

2、ラインの滑らかさ(ココ重要)

 ここが重要で、お店に見本が置いてあり少し触った程度では分からなかったが、重要な問題があることが判明した。新品のピットブルが90m付近で高切れ。ど真ん中かよ・・・とか思いつつラインの前後を入れ替えて使う事にした。ラインを指でつまんでテンションをかけつつ巻いている最中に問題は起こった。

 指にへんな抵抗がかかる。見てみても問題はナシ。気のせいかと思いつつ巻いていると、またへんな抵抗がかかる。よく見てみると、ラインが潰れていて、丸く円になっているはずのラインが潰れて平たくなっている。ココだけか?と思いつつ巻いているとランダムで円、平、円、平とボコボコになっている。
 後に気づくがピットブルだけがなるのでは無く、他のラインも長く使うとなってしまうらしい。ラインコーティングスプレーなどでこまめなメンテナンスが必要なのかもしれません。

3、耐久性

 なぜ90m付近で高切れが起こったのかは分からないが、同じ質量でも真円のものと、平たくなっている物ではやはり耐久性は違うとおもう。新聞紙を丸めて引っ張るのと広げて引っ張るのでは、圧倒的に丸めた方が強い。偶然かもしれないがあのラインのボコボコを生で触ってしまうと疑いたくもなる。
 ※何度も書くが後にどのラインでも長く使うとなるような気がしてきた。こまめなメンテナンスで平たくなる現象を抑えられるかもしれません。

スポンサーリンク

4、まとめ

 12本撚りに超した事はないが、最近では8本でも良いような気がしてきた。ピットブルの8本、12本と使用したが私レベルの素人にはその違いは体感出来なかったし、毎日条件が違うフィールドで飛距離などの違いも体感出来なかった。
 高切れした日以外はライントラブルになっていないので耐久性も問題はないでしょう。最近のメインラインはピットブル8になりつつあります。理由はコスパ。150mで2000円程度なので嬉しい限りです。お金に余裕のある方は200mの12本撚りがいいでしょう。

 最上級を求めるならダイワの12本撚りだが、ヒラメ釣りにここまでの値段は出さなくていいかもしれません(主観)ラインで困っている方は、よつあみ G-soul X8かピットブル8か12を一度使って見てください。
 150mと200mがあり足場の高い場所からメタルジグなどフルキャストすると150mでは足りません・・。40gのメタルジグフルキャストで下糸が見え、そんな場所でヒラメが喰おうものなら一発でラインブレイクです。そのくらいスベりもよく両者共に品質のいいラインです。メタルジグ多用する方なら間違いなく200mを買う事をおススメで、その他のルアー多用なら150mで良いと思います。号数は1号

ピットブル8 or ピットブル12 (150m、200m)

G-soul X8 (150m、200m)

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

79人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です