サムライ ショアラバフリーでヒラメ釣り! 【DAIWA】2019年4月発売

 狙える魚種は無限大! ヒラメ、マダイ・根魚・青物、あらゆるターゲット対応のショアラバ用遊動式キャスティングラバージグが2019年4月に登場します!

ヒラメはラバー系がよく釣れる

 水深がそこそこあるポイントで私がヒラメ釣りで一番多用するのは20g程度の重りが付いたワーム。全体の4割くらいはワームを投げている時間だと思いますが、そのワームでも釣れない時なんかの切り札にしているのがラバージグ。

 ただ巻きで使うならジャッカルから発売の『チャラブレード』系のブレードが付いているラバージグがおススメです。素早く沈下して、着底後の巻出しはブレードが抵抗を受けてくれるので浮き上がりが良いですし、かなりゆっくり引けます!

 私の場合はリフト&フォールを多用するので、ブレードが水の抵抗を受け重いのでブレードをペンチで切ったりもします。ですが、やっぱりブレードのキラキラがアピール力があるなぁ、とも思っていました。

 ダイワのHPを見ていて『サムライ ショアラバフリー』なるものを発見!重さは30gから。20gくらいの出せよって思って説明文を読んでいたら、、

 ヒラメ中毒者がルアーに必要としている条件の、『浮き上がり性能、アピール力を徹底追求したブレード付き遊動式ヘッド』と書いてある!浮き上がりが悪いから重いルアーを嫌っているわけで、浮き上がりが良いのなら30gでも問題ない。
 また、『ボトムから如何にして素早く浮き上げさせ、かつ、アピールさせられるかがキーポイントとなる』、とか書いてある!私の理想としているルアーだ。(以下メーカーより参照)

 サムライショアラバフリーは、ヘッドをフラットにし、オーバーハングさせる事で、タダ巻きするだけで凧上げのような浮き上がりを実現。凧の足の役割を担うヘッド後部ラダーがヘッド自体の回転を防ぎ、かつ、ラダーに装着したブレードが抵抗となり浮力を増強。
 メッキ塗装されたヘッドとメッキブレードが強いフラッシングの効果による集魚力で、広範囲のターゲットにアピールできる。
 テール重心形状により遠投性能も確保し、強風下においても安定した飛行姿勢を保つ。遊動式ヘッドはダイレクトなアタリを手元に伝え、ヒット後はヘッドとフックが離れる事でバラシも軽減。

スポンサーリンク

 欲しい!使ってみたい!騙されてみたい!

 店舗をみてもほとんど売り切れ状態。ネットでも欠品状態の店舗もあるくらい人気商品。後日インプレ致します。

サムライショアラバフリー付け方&カスタマイズリンク!

 私はメッキオレンジゴールドが欲しい。ブラックライト当てたらメチャ良い感じに夜光りそうです。メーカー説明にそこまで書いて頂きたい。重さは30gで十分かと思います。その他、40gと60gが販売してます。

ダイワのテスターみっちーさんのコメントはこちら!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です