3月のヒラメ釣り実釣!捕獲!激アツの潮汐タイミングを知る!

ヒラメ釣りは今年に入り20回目です。激アツの潮汐のタイミングだったので、またまたいっちゃいました!

今日は朝6時に家を出て岡山から島根県出雲まで3時間かけて行きました(釣りじゃないですw)
仕事が18時くらいまでかかると思っていましたが、14時に終了!出雲周辺は海が近いのでヒラメ釣りに行こうと悩みましたが、少し風が強くポイントも分からないので断念して、瀬戸内海の潮汐、日の入りの時間を見ると…!!激アツです。数多くのデータから私の中のほぼ確定の釣行タイミング!前はそう言って外しましたがリベンジ釣行を兼ねて3時間かけて岡山に戻ります。

中潮からの小潮1日目で、潮止まりが15時半。日の入りが18時過ぎ。満潮からの下げ潮で、潮の動き出しで更に潮流も流れ始めれば17時から18時までが激アツタイミングです!
ポイントに着き、海を高い所から見ると潮流が弱く流れています。良い感じです!風が5mほどありましたが追い風でしたので問題はありません。

太陽は出ていましたが濃い雲がかかっていて少し暗い感じで、アピールが良いのかナチュラルが良いのか迷いましたが、初っ端はピンテールバイブのブルーイワシカラーでスタート。ヒラメ釣りでのバイブレーションは、ただ巻きよりポーズを入れるほうが圧倒的に食いが良いのでアクションはストップ&ゴー。手前40m付近はあまり潮流が無いが、そこから先に速い流れがありその辺りが良さそう。バイブレーションを60mほど投げ、流れに乗せてドリフト、着底したら巻いてドリフト。流れが弱くなる40m付近の境目でドンと来た!

全然引かないので30cmくらいかな?と思っていたら途中すごいトルクで下に叩き始めた。前回の釣行でロッドを折ってしまったのでサブロッド『L』の柔らかいロッド。ブッコ抜きも出来ないのでタモを使ってキャッチ。キャスト4投目の狙い通りの1枚でした。

スポンサーリンク

早々のキャッチで活性も高いと判断。メタルジグを速攻で沈ませて手返し勝負を試みる。しばらくして、キャスト後の着底間近のフォール中にコンとアタリ。合わせるが乗らなかったため、リフトさせてポーズをして1、2秒後にドン。何もしてないのにヒット。『あー乗ってきたな』と思いつつリールを回す。かなり重く、引きも変。上がって来たのはヒラメだが腹にルアーが付いている状態。取り込み2m手前で痛恨のバラシ!サイズも同じくらいでした。

リフト&フォールの時よくありますのでご注意ください。

画像上の黒くなっている場所が他よりも速く流れができていました。写真では伝わりませんが見れば一目瞭然です。重点的に狙いましたがその後アタリも無く終了しました。

56,7cmかなぁと思いましたが実際には54cm。
そして釣りに来たのにリールを忘れる始末。が、6年前、嫁の誕生日に買ってあげたレブロス2500(5000円)を車で発見w
愛用のステラ4000と飛距離差はあまりないですw追い風の影響でレブロスのほうが良く飛んでるかもしれません(泣


あ、3年前の嫁の誕生日は JIMMY CHOOの財布(10万)です。ちゃんとしたのもプレゼントしてますw

20戦9勝 4連敗阻止

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

79人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

3月のヒラメ釣り実釣!捕獲!激アツの潮汐タイミングを知る!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です