ヒラメ攻略ポイントマップ!忠海周辺サーフ=広島県竹原市=

潮流の速い竹原エリアはボトムがしっかり取れるルアー選択が必要

竹原エリアは潮流の速いポイントです。時期によりアマモなどの海藻が点在し釣り難い場合があるが、海藻が豊富な場所はイカが産卵期に接岸するし、ベイトが付きやすいポイントでもあるので狙い目となる。アオリイカが釣れる事でも知られているのはそのためだろう。

この周辺のどこからでも狙えるが、1番のポイントは東側の波止の突先周辺。波止に流れが当たり反転流ができやすいので流れの変化を狙う。流れが非常に速い場合は釣りにならない場合もあるので、その場合はワンドになっているサーフに行こう。波止場だけではなく、この辺り一帯は潮が良く通るため広範囲にランガンでも狙える。サーフはワンドになってはいるが、南西からの潮でワンド内にも非常に良く潮が通る。

おススメの潮、時間帯

おススメの潮は、中潮や大潮の満潮からの下げ潮でマズメを絡ませた時間帯。潮流の流れ始めがおススメです。

スポンサーリンク

ヒラメの狙い方、藻の対策

海底が取れるルアー選択が必要。潮流に乗せてドリフトも悪くないが、速すぎると着底が分からない。最大30gまでのメタルジグやジグヘッドなどで底が取れるルアーで攻める。ヒラメの捕食範囲を外さないように注意する。(ヒラメの習性リンク)

スポンサーリンク

藻が多い場所で釣りにならない事もあるが、その場合は藻の位置を確認する事。辺り一面にあるわけでは無いので、点在する砂地を探りながら左右にランガンする。(年によって生え方や量が変わります)

また、横だけではなく上下にも注目したい。立ち位置からどのくらいの距離で藻に掛かるのかを把握する。
例えば、キャストして80m飛ばすとして手前30m付近から藻に掛かったとすれば、80mから30mまでの距離で勝負をする。残りの30mは高速回収で手返しを優先しよう。

潜行距離の深合ディープフローティングミノーでもおすすめ。上から下へ攻め、藻のかからない位置のギリギリをリトリーブする事で手返しが上がりヒット率がアップする。

ヒラメ以外にもアオリイカも有望

この周辺一帯は5月半場から9月半場頃まで親のアオリイカ釣りを楽しむ事ができる。子イカはそれ以降で11月くらいが数が釣れ楽しめる。

アクセス

忠海駅手前を海岸側へ曲がる。竹原市立忠海中学校が目印となる。JR忠海駅から徒歩でもアクセス可能

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

82人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です