ヒラメのショートバイトの対策方法【合わせを遅らせる】

 ヒラメは捕食が下手でよくバラしてしまいます。合わせは即座に行いますがワンテンポ遅らせる方もいるらしいです。どちらが良いのか・・

マズメと日の出のタイミングで釣行!

 2時20分潮止まり。日の出が5時30分。若潮からの中潮1日目。タイミング的に4時~6時がベストタイミングです。(5.ヒラメを釣る為に、釣れる時間帯を知るリンク) 

 光量もない真っ暗な状況なので、最初はダイワソルトバイブ、チャートバックパールからスタート。丁寧に探るがアタリ無し。お次は昨日自分が書いたインプレで、使い込んでみたくなったサーフハリケーンにチェンジ。しかし潮流の影響で底取りが出来ない。(サーフハリケーンリンク)ドリフトも考えたがシンキングペンシルにチェンジ。
 ぶっ飛び君でならドリフトさせながら着底が感じ取れる。丁寧に探っていくと『コンっ』と小さいアタリ。巻いている最中で当たってきた。すかさず即アワセを入れるが乗らず。当たってきた場所でジグラバー2でネチネチ攻めるがアタリは無い。 

明るくなればアピール力を落とす

 時間がたち真っ暗から徐々に視界が良くなっていく。前回同様チャートバックパールの一番目立つ色から少し落とすことに決めた。 
 キックビートのピンクチャートかブラックキャンデーかで迷ったが、ド派手な色で1時間程度攻めていた理由からブラックキャンデーに決定。ブラック色だが紫外線を当てると光って見える。

 キャストして着底後、先ほどのぶっ飛び君同様に巻いている最中に『コンっ』とアタリ。こちらも即アワセするが乗らず。同じように、当たってきた場所でジグラバー2でネチネチ攻めるがアタリは無い。

弟子はアワセがワンテンポ遅い

 前回の友達との釣行中にアワセの話しになった。友達はアワセが私よりワンテンポ遅く、コンっと当たって、ん?、アワセ!みないな感じでアワセている。私は運動神経が神っている為か瞬時に反応してしまい、ヒラメがルアーを食う前にアワセを入れてしまっているらしい・・

 不本意ながら友達の真似で『ワンテンポ遅らせて合わせる!』と、自分に言い聞かせながらキャストを続けます。

スポンサーリンク

 明るくなり日の出前後の5時30分。ルアーはフィンテールバイブ70のイワシカラー。キャストして着底の瞬間くらいに『モゾッ』て感じのアタリ。

 いつもなら『モゾッ』の『モ』で合わせるが、『モゾッ・』くらいで合わす。ルアーはタモで取り込みの際に外れましたが、タモのおかげでキャッチ成功!小さいですが43cmのヒラメ。

 その後もう一度アタリがありましたが残念な結果になりました。

まとめ

 ヒラメのルアー釣りでは即アワセが良いのか、悪いのか未だにわかりません。ワンテンポ遅らせても『コンっ』というアタリだけで、巻きアワセできない場合も多々あります。今回はたまたま上手くいっただけでしょう。次回も即アワセしますw
 またショートバイトの場合はルアーサイズを小さくするのもアリかもしれません。

フィンテールバイブがヤバい!

 最近の釣行では薄暗い時間帯~日の出はフィンテールバイブが大爆発しています。
 ワームを好んで使用してせいか、データではワームのヒット率が高いです。が、ここまで釣れると私の定説が覆ってしまいそうです。今年に入って16匹のヒラメを捕獲していますが、その内の5匹はフィンテールバイブです。私はサイズ70を使用しています。

25戦13勝 勝ち (4月、6戦5勝)

Follow me!

ヒラメのショートバイトの対策方法【合わせを遅らせる】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です