デュオ【ザ・ロックグラブ】ヒラメが釣れる最強ワーム

 テトラワークス から発売のロックグラブ3.5。根魚専用ワームと言ったところでしょうか。大それたタイトルは気にしないで下さい。検索目的ですw

サイズ

 写真撮るのを忘れましたが、メーカー記載は3.5インチですが実際には10cmほどあります。ですので実際には4インチ程度の大きさになります。ただ通常のヒラメワームよりボディーが細身で小さく見えたのが第一印象です。ボディーサイズが5cm、グラブ部分が5cmで約半々の割合で作られています。

飛距離&アクション

 細身ボディーで空気抵抗を受けずかなり飛びます。実際に泳がせてみると中々良い動きをしボディーの小ささを感じさせません。グラブ部分が大きくかなりアピールしている感じです。
 またビックテールの恩恵でスローに引いてもグラブ部分が自然と動きます。はやりシャッド系よりグラブの方がヒラメ釣りに適している事は間違いなさそうです。

カラーバリエーション

 紫外線に反応しそうなチャート系が一番釣れそうですが、サンセットオレンジを選択。狙い通り紫外線に反応しないカラーでした。

マダイも狙いを視野に入れたカスタム

 平気でマダイも喰ってきそうなサイズなんで、ラバーを付けてマダイバイト率を上げてみます。

ラバーと自作アシストフックです。大きいワームにラバーを付けたら全然飛びませんw。小さめのワームならそこまで飛距離が落ちる事はないでしょう。投げてないから分かりませんw

 完成!アシストフックの長さはグラブ付近に合わせます。計4本の針w付け方はこちら↓

スポンサーリンク

 ラバーはそのままズボッと刺しましょう。ルアースナップのお尻が膨らんでいるので抜けません。アシストフックはルアースナップを開いて付けます。

 そしてお得意のKIリグで重りの重さを調整して狙います。これだけ針付けるアホ中々おりませんw
 しかしヒラメはワームのど真ん中に向かって噛み付く事が多いのでアシストあった方が100%良いでしょう。ライントラブルには多分ならないと思うのですが・・・多発したらゴメンナサイ・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です