メジャークラフト【ジグパラショート】【ジグパラセミロング】との違いは?

 メジャークラフトから発売のジグパラシリーズのメタルジグ。同じ形状でショートタイプとセミロングタイプの2つがあります。動きにも違いがありますが目で見た違いもあります。今回はその違いについてです。

ジグパラショートのラインナップ

 重さ:20g / 30g / 40g / 50g / 60g の5種類のラインナップでヒラメ狙いなら30gがあれば良いと思いますが、その場の水深、その日の潮流などを考慮して20g、40gと持っておいたほうが良いと思います。私はあまりメタルジグは使いませんが各メーカーの15g~40gまでで約20個、タックルボックスに入れています。

ジグパラセミロングのラインナップ

 重さ:40g / 50g / 60g の3種類のラインナップでヒラメ狙いならば40gだけで良いでしょう。ヒラメ狙いで50gを投げられるロッドも中々ありません。

ショートとセミロングの見た目の違い

 上側のショートはシングルティンセルフック&リアにトレブルフック付きです。下側のセミロングはダブルフックにトレブル無し。これが見た目の違いです。

使い方

 ショートの場合は引き重りもあまりないので、速めショートジャークやワンピッチの数回巻きのフォールの繰り返しが基本になります。ただ巻きでもOKですが巻いて止めるがヒラメの釣果を伸ばすコツです。

 セミロングの場合はショートよりもただ巻きに分が有るかと思います。大きなジャークでジグをダート(跳ねさせる)様な動かし方もできます。

フォール動画

まとめ

 ヒラメにはセンターバランスのジグが一番良いと思っているのですが、フォールに関して言えばめちゃくちゃ良い動きしてると思います。個人的に好きな動きです。
 セミロングはデカいボディーでショートに比べ多少飛距離が落ちる場合もあるかもしれませんが、巻きでもフォールでも使えます。通う水深やその日の潮流の速さで20g~40gで使い分けると釣果も違ってくると思います。
 傷にも強く、塗装がパリパリと剥がれる事もありません。針も標準装備&価格も安い!かなりオススメの商品です!
 ※私はセミロングにもトレブルフックを付けています。

スポンサーリンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です