【ビーチウォーカーリボルト】ブレードはヒラメに効果絶大?

 ミノー、ワーム、ジグに続く第4の主軸『ブレードルアー』そのアピールはヒラメに効果絶大らしい(メーカー参照)

 私自身ブレード系もちょくちょく使います。個人的に『めちゃ釣れる』って事はなく、食わない時に使う程度。だからメーカーも『第4』の主軸、って書いているのだと思います。

その他のブレードルアー

 ルアーマンなら誰でも知っているメタルマル。私自身メタルジグ的な使い方をしてヒラメを釣っています。その他にはバックチャター、パワーブレード、ジグパラスピンなどがロッドアクションを付けてもライントラブルになりにくいため良く使用する。ハードコアのソリッドスピンはブレード部分が大きく、私のロッドには合わないため最近では使用していません。

 正直ビーチウォーカーリボルトを買うつもりは無かった。しかしこの色に一目惚れしてしまったのが購入のきっかけ。

 チャート系が好きすぎるのが原因ですが、この『マットピンク』このサイズ感のブレード系ルアーで他にあるのかな?私が所有している中では無い。釣れそうな色じゃないですか!!って事で購入。

カラーラインナップ

 マッド系に最近ハマッてまして、迷わず新色のマッドピンクを購入。

ビーチウォーカーリボルト、沈下実験

 前方重心で斜め45度よりもう少し傾いた状態で沈下する。沈下の際にはリアが浮くのでブレードがキラキラと光る。コロラド型ブレードを採用した恩恵か。
 規則正しい沈下というよりはランダムな方向に沈下していく傾向。その際にもブレードは必ずキラキラと光る。

スポンサーリンク

飛距離

 34gの自重でもっと飛ぶかと思いましたが、私の思っている感じより飛びません。ボディーサイズ、ブレードもそこそこ大きいので風の影響を受けます。素人の私が投げれば21gハウルより飛距離は劣ります。

まとめ

 この日もヒラメさんは中々渋く釣りにくい状況でしたが、ルアーローテーションを重ね、最終的にリボルトで食ってくれました。隣ではリボルト(多分)青物が釣れていましたが私はヒラメでした。1つ持っておいても良いかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です