冬のヒラメ釣り。低水温期は大型出現率UP

 瀬戸内地域では水温が12度前後と低くなってきました。一番寒い時期で更に4度ほど下がりますのでまだまだ暖かいのかもしれません。

12月のヒラメ釣りは中々難しい

 12月の瀬戸内地域ヒラメさんはかなり渋い。ポッパーじゃ食ってくれません(泣)大型になればポッパーでも食ってくれそうなので30匹目くらいのの座布団を求め遠征です。

 暗い内はメバリングで尺を求めロッドを振ります。ヒラメ釣り以上にメバル釣りは下手くそなので釣れる気がしません。ガルプを付けるも反応無し。10投ほどで終了。

 ベールを返し忘れて大事なソリッドバイブ死亡。強度が売りのソリッドバイブですが流石に岩に叩きつけたら割れるらしいです(笑)ど素人あるあるです。嫁は砂浜で真っ二つにしました。嫁の方が力強いんです。

 ポッパーじゃ釣れないのでワームに変更。グラビンのUVカラー

 その日の狙いの時間帯で着底後に上に乗ってきた様なアタリ。合わせを入れると乗ってます!!『重い重い、結構デカそう。でも合わせがぬりーからバレそう・・』って思ったらバレました(笑)

ポッパーじゃないがフローティングで釣るゴッド様

 そんな中、ゴッド様はシレッと声も出さず釣り上げます。『キタ来たー、なんて興奮しません』シレッと釣って写真撮って即リリース。余裕ありすぎです(笑)

スポンサーリンク

 ポッパーじゃ釣れませんがフローティングは良く釣れるみたいです。

Follow me!

冬のヒラメ釣り。低水温期は大型出現率UP” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です