冬のヒラメのおすすめワーム【ピンテールシャッド】ダイワ

広島,ヒラメ

思わず飛びつくリアルピンテール

 シャッドやグラブに反応しない食い渋ったヒラメ攻略の切り札。低活性時には微波動系にのみ反応するパターンに着目し、軽量ジグヘッドと組み合わせることで威力を発揮。左右へのダートアクションにも対応し根魚、太刀魚、シーバス、バス等にも爆釣必死。

冬のヒラメは活性が低い・・

 水温が高い時は何回も食ってくるのに、この時期は釣行1回に1匹釣れるのが関の山。しかし上手にピンテールやハイフロートを駆使すればヒラメに出会える確率が高くなります。

ノーシンカーでも有

 水深が2mを前後ならノーシンカーでも使えます。4インチは7g、5インチは11gありますので普通に投げられます。メタルジグ投げ飽きたら使ってみて下さい。もしかすると・・・

 こんな大きなヒラメの鱗も釣れます。ヒラメの鱗にしか見えません。メーターです。

まとめ

  • ベイトフィッシュそっくりで食べごろ感たっぷりのボディ!
  • わずかにテールを震わせる微波動アクション!
  • 微流でもしっかりテールが泳ぐソフト素材採用!
  • 左右へのダートアクション(ワインド)にも対応!
  • ノーシンカーでもやれる!
  • 食い渋りの最終ワーム!

※SGグローには長時間蓄光素材ルミノーバを使用

スポンサーリンク

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です