エコギア【カタクチミノー】ヒラメを釣り易くする㊙攻略方

今回は私の㊙奥義+エコギアのカタクチミノーを使ってヒラメを釣ります。まずカタクチミノーの紹介から・・

カタクチミノー

巻くだけで勝手に動くシャッドやグラブだけでは渋ったヒラメを捕獲する事ができません。この『カタクチミノー』は動きを抑えた微波動アクション。ナチュラルな動きでヒラメを誘います。

ジャークによるアクションも得意で様々な状況下で使用可能。更に空気抵抗が少ない形状で逆風にも負けない遠投性能も兼備。最終手段はコイツで決まりです。

ハタ系ワーム

本来は『ハタ系ロックフィッシュ』をターゲットに作られたワームですがパワーシャッドをはじめ、バルトやロックマックスなんかもヒラメがメチャクチャ釣れます。

㊙使用方法

ハタ系ワームなので通常はオフセットでの使用がメインかと思います。ジグヘッドやテキサスでも使用可能。しかしオフセット使用時には頭部分に亀裂が入りやすい印象。

最近のヒラメ釣りはアシストを付けずオフセット単体で釣る方法にハマっている私。オフセットに自作アシストフックを使用してもいいし、ド変態リグでも問題なくヒラメは釣れる。(※自作アシストフックはルアースナップに付ける)

上記の使い方だと普通なので、これにヒラメがメチャクチャ反応するブレードを装着する。安いやつで十分です。

スポンサーリンク

ヒラメにはブレードが効く!!

本来のカタクチミノーのコンセプトは動きを抑えた微波動でナチュラルなI字系アクション。言うならばグラブやシャッドのようなアクションをさせず、派手な動きに反応しないヒラメを捕獲する事を目的としたワーム。でもブレード付けちゃったら・・・

どエライ目立つんです!

むしろグラブやシャッドより高アピールwww
ヒラメは巻きで釣れる場合よりフォール中が圧倒的に喰ってくる。ブレードが付いて空気抵抗は増すが、ワーム自体がシェイプなため飛距離も十分にでる。

アクションはリフト、フォールの繰り返し。オフセット単品だとヒラメのバイトを合わせられない事もしばしば。なのでキャッチ率を上げたいならブレード付トレブルを装着するとクソ釣れる。デコイのブレードトレブルは安い。サイズは細身のワームなら#6、ゴツイワームなら#4がおすすめ。

created by Rinker
カツイチ(KATSUICHI)
¥440 (2021/10/09 19:55:01時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

リトリーブすれば自発的に強く動いてくれる、シャッドテールやグラブ系ワーム一辺倒では通用しない日は、ワタシみたいなド素人は何をやっても基本釣れない。ピンテールに変更しても釣れない場合が多いのは釣り人なら知ってるハズw。魚の釣り易いタイミングが去った直後、又は始まる前にピンテールは活躍する。

ブレードチューンはド派手に、広範囲にアピールし遠くからヒラメを寄せる力がある。多くのヒラメにワームを発見させ、その気にさせるのが㊙奥義のブレードチューンですw

約75㎝
約60㎝

2時間で4キャッチ6バラシ。他の2枚のヒラメは40㎝以下

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です