ヒラメのビッグベイトパターン攻略【komomo SF-145】コモモ

もう小さいヒラメはどうだっていいんです。狙うは70㎝以上のヒラメ。数釣りはワーム使ってゴチャゴチャやれば素人の私でも釣れる。そう、彼(ゴッド様)は自分に枷を掛けているのです・・・

komomo SF-145

ビッグベイトパターンで効果絶大!

ヒラメのランカー獲るためのルアー。ゴッド様はそう考えておられます。知る人ぞ知るシーバス落ちアユパターンや某所のヒラメコノシロパターンで良く使います。
『50㎝以下は針に掛けてやりたくない』歴史に残る名言ですが、サイズは個人的に『運』だと私は思っています。しかしデカいルアーを使う事によって多少は小さいヒラメが釣り難くなると思います。

ブリとヒラメ持ってきて

私が地元に帰るので『ブリとヒラメ釣っといて』とお願い。優しいゴッド様はヒラメを狙いつつブリも狙います。
秋の瀬戸内はブリの釣り放題。 大きいルアーに反応するブリが多くなります。そこでゴッド様はボリューム感あるkomomo SF-145が活躍すると言います。
シーバスで鍛え上げた細かいレンジの差を引いたり、得意のドリフトで誘ってヒラメとブリを狙います。

早々にヒラメをGET。サイズは52㎝で若干不満そう。komomo SF-145で狙い通りのヒラメ。
使い方は簡単。何度も書いているがドリフトさせて流すだけ。強いて言えば流れ上流側にルアーの頭を向ける事だとゴット様は語る。ラインメンディングのテクニックが必須

同じ釣法でブリもGET。
残念ながらランカーは出ませんでしたが有言実行でヒラメとブリを捕獲しのゴッド様でした。次回はこれで釣るらしい・・。なんかロッドも違うけど・・・w

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です