広島ナイトヒラメ【初夏の座布団サイズ】は夜釣りが有効説

ヒラメ,座布団
スポンサーリンク

 最近はヒラメの数釣り出来るのは楽しいけどサイズ、味、共に落ちてきて何だか少し飽き気味。毎年思う事だが、去年の今頃もヒラメを狙わず青物を追いかけてた。が、釣れるのはヒラメのみ。そんなこんなで過去の統計をみると場所によったらデカいヒラメも上がってる。しかしここは広島。赴任して約半年。そんなデータはねぇーよ・・。

しかしよく見るとナイトではソコソコなサイズを釣っているではありませんか!って事で今回は日付が変わる深夜からの釣行。

深夜釣行開始

 ナイト釣行開始。この時期は普通にやってたらサイズは中々出ない。サイズを出す方法で手っ取り早いのがナイト釣行(他県は知りません)。先入観からパワーシャッドのグローカラーからスタートするも反応無し。サイズは5インチで少しでもヒラメに気付いて欲しく大きめを選択。お次は旧コルトスナイパーの金ゼブラ

ナイトではやっぱり先入観からグロー系を投げてしまう。が、その2投目にガツンつきた。ヒラメであれと願いを込めて巻くこと1分。そこそこサイズのヒラメ。ナイトでもジグに喰ってくる。ナイトではワームよりプラグの方が若干釣りやすい気がします。その後は数時間全くアタリがありません・・

 2匹目は明るくなってから。決まりのドラッグメタルスローマダイ。流行りのスロージギングルアーで沈下が通常のメタルジグに比べ遅い。フォール姿勢もバランスが良く名前をドラッグメタルスロー鮃に変更しても良さそうなくらいヒラメが釣れるメタルジグかと思う。

サイズは40くらいでサーフィン状態。

スポンサーリンク

不思議とやっぱりリアのブレードに喰ってきていた。外れてるけど。。ヒラメブレード説は検証の価値あり。

個人的にはドラッグメタルスローマダイ に付いているブレードフックに興味津々。これをネットで大人買いして全部のメタルジグに付けて検証してみたいと思います。

Follow me!

コメントを残す