エコギアバルトでヒラメ釣り!大きさ、重さを知り釣果に反映させる!

 エコギアから発売されているバルト。よりリアルな作りで本物のベイトに似せて作られている。通常、一色だけの色を使用したワームが多いが、バルトに関しては色々な色を使いかなり高級感がある。動きに関してもテール部分のシャッドがしっかりと海水を捉え抜群の動きだ。
そしてフラットフィッシュに有効なリアルペイントを施し、フラッシングによって強いアピール力を獲得したニュータイプのソフトルアーであることには違いない。

 正直、世の色々なインプレをみていると、波動が大きいとか小さいとか、アピール力があるとか無いとか…どっちやねん!ってツッコミを入れたくなる。実際に統計をとっていても、波動が大きいから釣れた、とか、キラキラとして他のワームよりも高尚(こうしょう)だから釣れる、なんて事は分かるはずがない(笑)

 ヒラメを釣る上で大事なことは場所に合わせたルアー選択。ヒラメの捕食範囲になるべく早く、そしてゆっくりと見せてやれるワームを選択する必要がある。それを踏まえた上で参考にして頂ければと思います。

バルト6inch

エコギアバルト6インチ、25グラム

 遠くの魚も寄せてくるアピール力の大きな6インチ。サイズ140mm、重さ25g。ロングシャンクのジグヘッドを使用しても針を付けたときのバランスが悪く、アシストフックの使用が必須だ。重さ21gのジグヘッドを使用なんかすれば46gになってしまい、かなりヘビーなタックルで挑まないとキャストもままならない。

 私は6インチのバルトを使用する場合は5gか7gのジグヘッドを使っている。飛距離は大きなバルトの図体が風をモロに受け最悪。サーフでの飛距離が必要な釣りには向かない。しかし足元から水深などがあり、あまり飛距離が必要のない場所では、軽量のジグヘッドに浮力がそこそこあるバルトなので、ゆっくりと沈められ、ヒラメに見られる時間が長いのでオススメの使い方です。(水深が深すぎるとダメです)

スポンサーリンク
エコギアバルト6インチ

 水深がある波止などの場合はパワーがあるライトショアジギ用のMHクラスのロッドを使用し、8号前後の重りを付けてフルキャスト。重りが30g前後あればそこそこ飛距離も出る。立ち位置との高低差があればボトムを引きずることも少なくなりヒット率が上がる。

スポンサーリンク

バルト4inch

エコギアバルト4インチ、10グラム

 バルト4インチはサイズ102mm、重さ10gです。バルトシリーズは体積が大きく遠投には向きません。(メーカーには飛距離が出るニュアンスで書いてあるがそうでもない)しかし通常のワームよりもよりベイトに近い作りで、そのポイントのベイトに合わせて使用すれば釣果も違ってきます。特に4インチは私が通う地域のベイトのママカリにピッタリのサイズと形で抜群の釣果を記録しています。

 こちらもサーフなどからの遠投が必要な場面では使いにくいかもしれませんが、21gのジグヘッドにアシストフックをつけて32gにするか、14のジグヘッドと合わせて25gかのどちらかで使用しています。(アシストフック1g分プラス)

バルト3.5inch

エコギアバルト3.5インチ、6グラム

 3.5インチはサイズ88mm重さ6gです。軽量のジグヘッドに合わせてフィネス的な使い方もアリですが、バルトの場合はジャークのようなアクションよりも、ただ巻きや、途中で止めてやるストップ&ゴーなどの動かし方のほうが圧倒的に釣れます。

 3.5インチは体積が小さく、軽量なため、あえて28gのジグヘッドを使用して使ったりもします。このセッティングは飛距離が伸びますので、サーフでも広範囲にサーチも可能です。しかし28gのジグヘッドは重く、バルトの浮力以上に沈む力が強くなるので底を叩いてしまう可能性もありますので、通うポイントでジグヘッドも重さを調整しましょう。

まとめ

 私の好きなワームで釣果も多いです。ただその図体が横広ですので飛距離が出にくいのも欠点です。エコギアから発売されている『パワーシャッド』と比べれば分かると思いますがワームの密度も全く違い、パワーシャッドはかなり凝縮されており重く、反対にバルトはパワーシャッドに比べれば非常に軽いです。
飛距離を犠牲にしてもヒラメに有効だと言われるリアルペイントやフラッシング効果、何より本物のベイトみたいな感じがたまりません。


 ヒラメは視覚、嗅覚、波動の何を感じとり捕食するのかを考えたとき、ヒラメはかなりの確率で『視覚』に頼って捕食していると思っています。そこの持論は後日書きますが、視覚に頼っているからあんな形と目になったのは間違いないでしょう。少し話しがズレましたが、バルトを買うなら4インチだけで良いと思います。ジグヘッドは14g~21gで水深に合わせて使用し、カラーは4インチ以下ならナチュラル系で、6インチならど蛍光色の派手なカラーをナイトゲームで攻めるのが私は面白いと思います。

ヒラメが釣れるエコギアバルト

格安自作アシストフックの作り方はコチラのリンクへ

エコギアバルトのスリム系!KJグラブはここから!

created by Rinker
¥570 (2019/11/15 11:16:36時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥570 (2019/11/15 14:12:36時点 楽天市場調べ-詳細)

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

79人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

エコギアバルトでヒラメ釣り!大きさ、重さを知り釣果に反映させる!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です