ヒラメは夜行性?夜でも釣れるのか検証?

岡山,ヒラメ

 ヒラメは夜行性ですが夜には中々食ってこないのが現状。どうすれば口を使ってくれるのか検証です!

ヒラメは夜行性!昼間より分があるか実験!

 満潮0時30分、干潮止まりが6時30分、日の出5時30分・・。朝マズメの1日で1番いい時間は絶望的です。2時~4時の潮が動いている時間帯で勝負開始。

 満潮から少し潮が引き始め、ベタ凪でポッパーなんか投げたら即座に何かが喰ってきそうな感じ。前回、弟子の釣行でヒラメのベイトがメバルだったので、足元のテトラ帯周辺をラパラカウントダウンでスタート。(前回の弟子釣行リンク)

 釣れそうな感じはあるがノーバイト、そんな甘くはない。ベタ凪かと思いきや60m先では左へとかなりの速さで流れが発生しており、シンペンやミノーでは底取りがし難い。使えるルアーがメタルジグ、バイブレーション系、ワームに絞られた。

 バイブレーションのナイトでのヒットカラーを今一度再確認すべく、扇状に5投づつ、蛍光イエロー、蛍光ピンク、黒、白、ホロマーブル、イワシ、など8色のバイブレーションを投げるが反応なし(実験終了)

スポンサーリンク

 2時50分、ワームに変更して底を取りながら探ると待望のアタリ。電光石火の即アワセ!足元まで寄せタモを出し入れようとすると、フックが外れヒラメが海中でフリー状態に!海中で腹を上に向けた状態でプカプカ浮くヒラメをタモ入れし何とかキャッチ!ラッキーでした!

 3時10分、キックビートで二発目!サイズ的に20cmくらいかと思ったが途中からスゴイ勢いで走り出す。外道のセイゴは遅アワセで走り出してからのフッキングで完璧に仕留めた。

スポンサーリンク

ヒラメは即合わせが良いのか、ワンテンポ置くのが良いのかの実験も

 その後2回アタリがあったが、今回は合わせについても検証しており、アタリが有ってもワザと合わせなかったらどうなるのでしょう?(それについては別記事にて。後日リンク作成します)

 まとめ

  ナイトゲーム全然釣れます!

 2019年度、26戦14勝 2連勝 勝ち (2019年、4月、7戦6勝)

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

89人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

ヒラメは夜行性?夜でも釣れるのか検証?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です