9月の高水温ヤル気ナシのヒラメはリアクションで

 9月はまだまだ高水温で25度以上あります。何とか釣れない事は無いのですが、ヒラメのやる気が無いのか中々釣れないのが現状です。ヤル気の無いヒラメはスローなネチッっとした釣りが良いのかと思っていましたが、色々試してみると速い釣りでも問題無いことが発覚。最近ではメタルジグもそこそこ使うようになりました。

最初のヒットはコルトスナイパー赤金ゼブラグロー

 ワーム、メタルジグ、ラバージグをローテーションさせ投げ続けます。狙いの時間になり装備していたのはメタルジグ(コルトスナイパー28g)。買ったばかりのコルトスナイパーはフロントにフックが付いていてリアにはフックがありません。しかし私はヒラメ狙いに限りリアにもトレブルを付けます。
 フォール着底後に変な感じのアタリ。間違いなく魚だと分かる。合わせるが乗らず回収して見てみると、フロント、リアにウロコが刺さっていてました。新品のフックなのに・・・ん~残念!ヒラメの背中に落ちたのかな?

釣りのプロとは?

 激しいジャークはヒラメが嫌うと某プロが語っていましたが、まぁ・・どーなんでしょ?また違う某プロは『岡山のヒラメ釣りはeasy、素人でも簡単に釣れる、天狗になるな』と言っていましたから、その某プロに岡山に来て釣ってもらいましょう!釣行毎に2,30匹くらいは釣ってくれると思います。(プロの定義↓)

「プロフェッショナル」とは一流の仕事をし尊敬される立場にいる人、また優れた技術や才能を生かして仕事をする人を指します。

その後アタリなしw

 狙いの時間に1度だけアタリがあったがその後ナシ。キャストを続け2回目の狙い時間は約4時間後w流石にキツいが頑張ります。移動し、シーバス、エソ、フグ、色々釣って2回目の私が狙っていた時間(後付けじゃないです)
 大好きなハードコアのフィンテールバイブ、着底からの巻き出しでドドん!

 今は無きコットンキャンディーカラー!ヘビーシンキングミノーでもめちゃ釣ったカラー!廃盤残念です!

 

スポンサーリンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です