日中のデイゲーでヒラメを釣る方法

ヒラメ,11月

 ヒラメは夜行性ながらも釣り易いのは日中です(他県は知りません) 理由は視覚に頼り捕食をするため、視界の悪い夜はヒラメがルアーが発見し難いのだと私は考えています。

日中のナチュラルカラー

 視覚に頼り捕食するヒラメだと仮定します。
 デイゲームではナチュラルカラー推奨の記事を良く見かけますし、実際過去に私も記事にしています。しかしこれはプレッシャーの掛っているヒラメか否かで違ってくると思います。長くなるので理由は書きません。

スポンサーリンク

とりあえず広範囲に探る

 視覚個体数の数の少ないヒラメに出会うには、より広範囲を探りアピールする事が重要だと思っています。かつ、ヒラメの捕食圏内にルアーを通せ、スローに誘えるルアーが最適です。

 上記でシンペン最強と言っておきながらバイブレーションを使います。理由はそこそこ水深があるため着底を速め手返しを上げるためです。

 バイブレーションはド派手なキックビートドチャートマットで広範囲に探り、やる気のあるヒラメを抜いていく作戦です。極秘アクションでバイブを動かすと40cmくらいのヒラメ(多分)がヒット。10秒くらい格闘するも残念ながらフックアウト。

スポンサーリンク

 同じに場所で10分後にまたまたヒット。同じくロンジンキックビート上がってきたのは45cmくらいのヒラメ。その後30分ほどバイブレーション攻めるもでアタリが無くワーム(グラビンシャッドヒラメチャートゴールド)に変更。

 すると、またまた同じ場所で60cmくらいのヒラメを捕獲。黄色系を使う頻度が多いので釣れる確率も他より高くなるのは当然なんでしょうが、日中でも平気でド派手カラーにアタックしてきます。

 その後グリーン系で30分粘るもアタリ無し。結果論ですがド派手カラーが強かった日中でした。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

89人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク