2月は座布団ヒラメがそこそこ釣れるin広島市

 同じ瀬戸内でも広島ポテンシャルがヤバすぎでフィーバー状態です。勤務先はベッドの横の机だったニート生活から一転、10月からは広島に赴任して新しい勤務先でルアーばかり触っています。

 この日は中心街まで足を伸ばしヒラメ調査。明るい内に釣り場を偵察しましたが、メチャクチャ釣れそう場所が多すぎてドコで釣れば良いのか分かりません。潮通しの良さそうな場所に目星を付けナイトゲームのスタートです。

ベイトはハゼ説

 ベイトなんて確認できるワケも無く、2月の広島ヒラメはハゼかエソかメバルかイカかそんなもん食ってんでしょ?どーせ。よく分からんからとりあえずバイブレーションからスタート。

 水深は…深いねぇ…。バイブ、メタルジグ、ワーム、他のルアーは何にも使えんレベル。
 

 バイブで一通り探るも反応無し。
 必殺のダウンショットで探るも反応無し。
 ダウンショットに鯛ラバ付ける奥義九頭龍閃にも反応無し。

天翔龍閃を使う

 ダックフィンシャッドをキャストしフォールさせフッキングする瞬間に絶妙のタイミングで鞘側の足、つまり左足を踏み出す。その踏み込みによりロッド振り上げを加速し、神速のフッキング術を「超神速」にまで昇華させる技である。

 巻きで食わん日のヒラメはフォールで誘う。全神経を集中させ最終奥義天翔龍閃を発動。

スポンサーリンク

 アシストフツク様々。メインには刺さっていませんでした。

 タモも横幅が50cmなので75cmくらい。60cm以上のヒラメは冷蔵庫に入らんから持って帰るなと姫様からのご命令。90cmになったら会うことを約束しリリース。このサイズにしては中々の重量で5Kgくらいはあったかと思います。

 前々前回くらいもダックフィンシャッド(黄色)での釣果。コイツはヤバいくらい釣れます…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です