ヒラメが釣れる【ビッグバッカージグ】その飛距離、圧倒的!カッ飛びメタルジグ

 向かい風でも余裕の飛距離の後方重心。後方重心に設計されたボディーによりかなりの飛距離が出ます。針絡みはほぼ皆無。ド下手な私が仕様しても絡まった事は殆どありません。これはかなりゴイスーです。何故なら100m弱は飛ぶであろうジグがエビったら・・考えただけでもウザいです。フォールでは鋭い動きで魚を誘い、巻き上げ時にはエッジの利いたフロント部分がキレのある動きと輝きを生み出します。

ビッグバッカージグ詳細

NameLengthWeightPrice
BIG BACKER JIG 10g42mm10g¥550(本体価格)
BIG BACKER JIG 15g47mm15g¥610(本体価格)
BIG BACKER JIG 20g54mm20g¥640(本体価格)
BIG BACKER JIG 30g62mm30g¥690(本体価格)
BIG BACKER JIG 40g68mm40g¥740(本体価格)
BIG BACKER JIG 60g78mm60g¥830(本体価格)

 私がヒラメ釣りで使用するのは10~40gまでのジグで用途の多いのはやはり30gです。また後方重心のメタルジグはあまり使用しませんが、水深の深い場合や風、そして潮流の速い場合などに使用する事があります。

 メーカーの動画です。少し濁りがあって分かりにくいですが、やはりリア側から沈下している様子が分かります。某センターバランスのジグと比較すると沈下姿勢が不規則で、スピードも同じ重量のジグと比較しても体感的には1.5倍は速いのではないでしょうか。沈下する時にリア側から沈下しようとするので水の抵抗を受けにくいのでしょう(※ジグの種類にもよります)

 上からみると一目瞭然です。

ビッグバッカージグ

 通常フロントはシングルフックですが私は自作のアシストを作りダブルに変更しています(市販は皮(羽根)の付いたフックのみです)この皮はケイムラなのかと思いブラックライトで実験してみました。すると(下図の部分です)

ビッグバッカージグ

 んー光らない。違うみたいです。本体の腹の部分は反応していますが、針の皮は違いました。でもケイムラの方がいいのでケイムラコートで塗ります。

すると・・・

スポンサーリンク
ビッグバッカージグ

 めちゃめちゃええやん!(自己満w)

まとめ

 風が強い、潮流が速い、水深が深い、遠くまで飛ばしたいって時に超絶オススメ。値段もお安く塗装も丈夫でパリパリ剥がれていく事がないです。一つ持っておいても後悔のないジグかと思います。

実釣編コチラから↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です