鮃狂【ロデム4】ヒラメ専用ルアー。ヒラメ最強ワームはコイツ!

 ヒラメ釣りを初めて何十年にもなるが、最近になってロデム、ハウルを買ったみた。

良く釣れるが値段が少し…

 買わなかった理由は単純に値段がお高い。所詮ワームだし、ジグヘッドでいいじゃんって思ってた。
それに一度拾った事がありサーフで使用した時、21gのハウルだったが、底叩きまくるのでこれは私には向かないと思いそのままだった。

スポンサーリンク

遠浅のサーフで使えるの?

 テレビでよく遠浅サーフでただ巻きだけで使える、釣れるって言っていますが少し浮き上がりにくいイメージはあります。水深2mぐらいで21gなんか底叩くイメージしかありませんが、波や風、色々色々な事を考慮して使えるか使えないか判断するといいでしょう。
 岡山の海(サーフ)では21gは多少使いにくいイメージがあります。そんな時は18gだとか14gのロデムも発売されていますので変更すれば浮き上がりも良くなりヒラメの射程圏内を泳がす事が可能です。
 

 最近はサーフではなく、漁港とか足元から水深のある岡山の海でヒラメを狙っていて、深い所は50メートル先が10m以上になる。そんな場所で使えば21g、28gがかなり使える。私の場合、サーフで使う場合28gは論外だったが水深のある場所は大きな武器となるかもしれません。

重さ別の飛距離の違い

 ロデムは14、18、21、28gと使用したが、飛距離に関して言えばそんなに変わりが無い。私がヒラメ釣りで最重要視している着底の分かりやすさは完璧。泳ぎもハウルと比べるとテール部分がスリムな為より大きく細かく泳いでいる。キャスト時、よくクルクルと回転するジグヘッドリグと比較すると、ロデムは飛行姿勢も安定し、ワームに分類していうならトップクラスの飛距離。

スポンサーリンク

  テール部分が他のワームに比べ圧倒的にスリム。この細さがかなり良い動きで正直かなり釣れました・・。

デメリット

 デメリットもある。リフト&フォールではよくライントラブル(エビ)になるし、ロデムはワームに切れ込みがありワンタッチで使える様になっているが、リア側のワームに掛ける所が非常によく外れてキャスト1回が無駄になる事が多い。朝マズメの3時間程度の勝負が多い私にとってこの様なトラブルは最悪である。

打開策!

 対策は私のお得意のセメダインスーパーX。こいつを金具に塗って、ワームの首のあたりにも塗って、最後は切れ込みの所を接着。これでワームが外れる事はありません!アロンアルファはゴム同士の接着がうまく出来ないので(できるやつもありそう)セメダインスーパーXをおススメします。アロンアルファは硬くなるしね!

 これでリアのフック付近が外れる事はありません。泳ぎもなんら変わりませんし、かなりおススメですのでお試しください(^_-)-☆

 ※カラーは確実に蛍光系の色が釣れます。ヒラメの習性上、目視で獲物を捕食していますのでなるべく目立つ色が良いかと思います。ブラックライト(紫外線)に反応するケイムラ系もオススメです!


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

82人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

鮃狂【ロデム4】ヒラメ専用ルアー。ヒラメ最強ワームはコイツ!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です