ワンタッチ型アシストフックを自作!!ヒラメのキャッチ率を上げる!鬼爪

 ブログ読んでくれている方はご存じかも知れませんが、『KIリグ』マッキンリグとか言わないでねw
 最近はこれを多用してヒラメを狙うんですが、ジャークさせた時の『キレのよさ』はジグヘッドの方が良いです。理由はジグヘッドは重りを下にしてワームがピンと立つような感じで、KIリグはワームが水平になるんでジャークした時少し重いんです。ならジグヘッド使えって感じですがKIリグは飛距離がジグヘッドよりも出るんです。(KIリグ詳細はこちらから)

 ヒラメは下から食い上げてワームの腹にカブっときたりします。その時通常のジグヘッドじゃ針は上を向いていますし何だかアワセに不安を感じます。
 ブン太とかのトリブルフック付けられるジグヘッドを買えばいいんですが、日中デイなんかでは5g、7gぐらいのジグヘッドに3.5インチの細身のワームを使用するので何だかバランスが悪い。で、考えたのがアシストフック。

 ジグヘッドに付けるアシストフックは、メバル用のアシストフックしか見たことない。色々探しましたが無い。めんどくさいので自作する事にしました。参考にしたのが、メバリングで使用しているアシストフック『鬼爪』がまかつ、から発売されている商品です。(下記参照)

ヒラメ用アシストフック作り方

①普通に結びます。

②ナイロンやフロロラインのほうが結びやすいです。

スポンサーリンク

③3cm先ぐらいに輪っかを作ります。

④その輪っかに針を通します。

⑤通したほう糸をペンチなんかで挟み固定します。(針から1cmぐらいのところ)

⑥そのまま引っ張り締め込みます!

⑦コブを作ります(引っ張り易くするため)

 完成です。コブをペンチで引っ張れば脱着可能で2,3個持って行けば困ることはないでしょう。今回使用したラインは、シストフック自作用PEライン『ザイト』

 4mで500円ほどですので40程度は作れます。針と合わせてもかなりのコスパです。
 ナイロンラインのほうが作りやすいのですが、ヒラメ用に作成すれば5号程度と太くなり、ラインの型が取れず良い感じに作れませんでした。

 この様なPEラインですと作り難いですが、細いですし、強度もあり、ルアーと一緒に泳ぐ様に動きますのでヒラメ用で作成される場合はPEがおススメです。ジギング用のPE2、3号ぐらいで作成されても問題ありませんし、むしろそっちのほうがコスパが良いと思います。メバルにはヒラメ釣りで使用している1号程度のラインを20cmほど使えばOKです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

82人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

ワンタッチ型アシストフックを自作!!ヒラメのキャッチ率を上げる!鬼爪” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です