常吉【ハマグラブ】でヒラメ釣り!

ハマグラブ,常吉

 誰かの影響で最近はヒラメ釣りにグラブを使用する事が多くなりました。
 アピール度はジャッド>グラブ>ピンテールの順番ですが、グラブは鯛ラバみたいな動きで弱い力でもヒラヒラと動いてくれ、マズメ時などかなり活躍してくれています。

『浜からジグヘッドでグラブを操作する』をコンセプトに開発されたハマグラブ。キャスト時の飛行姿勢が安定し、遠投が可能となりグラブテールの動きがヘッドまで伝わってボディーがローリングします。

 テール部を内側を厚く、外側を薄くデザインし、その厚い部分を支柱にテールがアクションします。重めのシンカーを使うと、よりテールが良く動きます。

 グラブ付け根が太く先に行くほど細くなります。グラブそのものの動き方と変りはありませんが、ゲリヤマグラブと比べると動きが多少固いです。ヒラメ釣りではあり得ないかもしれませんが、1gとかの重りを付けてフォールさせるとグラブがうまく動かない事もあるかと思います。
 またカットグラブとして小さく細かく動きを調整する事も可能です。

 5インチの大きさでボディーサイズもヒラメ釣りには完璧なサイズだと思います。重さは8gですのでフジワラのムゲンヘッドの21gのロングシャンクにと合わせれば完璧です。

スポンサーリンク

 私はムゲンのアシストではないノーマルジグヘッドを使用し、自作アシストを付けています。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

89人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です