極寒時期はヒラメが釣れない in広島県

 極寒時期になると水深が浅いとより水温が下がります。そのため、多くの魚がこの時期は深場へと潜ります。ヒラメのベイトとなる小魚も浅瀬にはほとんどいなくなります。ベイトがいないとヒラメも釣れません。

 ↑すごい記事を発見してしまいました。私が書いたんじゃありません。結構上位検索される方の記事ですが、こんな方のおすすめルアーって何なんでしょ・・・

水温10度前後

 瀬戸内の水温は約10度前後。これは青森周辺の海と同じ水温くらいらしいです。気温は高いのに水温は同じくらいらしいです。問題の『極寒期』ってのはいつなんでしょう?

全国の水温

 1月の海水温度は東北10度前後 東海16度前後 山陰15度前後、北陸13度前後、南九州18度前後、海上保安のHPから拝借致しました。多少の違いはあるかもしれません。今回は広島県某所で遠征釣行。水温12.2度

遠征釣行

 水深1.5mくらい。重めのルアーじゃすぐに底を叩くので最近お気に入りのフローティングで釣行開始。某ブロガーによれば釣れないみたいですが、こっちには瀬戸内が生んだヒラメハンターゴッド様がおります!

 フローティングミノーを駆使し、狙いのポイントへ潮流に乗せ流すこと数回・・・

 無言で釣ってるぅ~!!

スポンサーリンク

 ヒットルアーはラムタラ!(下記説明文)
 表層流を確実に掴むハイレスポンスな設計を施し、ルアーの動きはその流れに乗せるだけ。ゲーム中は主にラインを処理する事に意識し、ドリフトでシーバスへとアプローチする為に開発された専用ミノー。発売から今日に至るまでに各地で数多くのランカーがキャッチされており、ラムタラを使用してのランカー攻略も確実に広まりを見せている。

created by Rinker
¥1,991 (2020/05/30 18:40:31時点 楽天市場調べ-詳細)

 私は・・・深場に行ってて居ないみたです。ヒラメさん。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です